沖田修一監督が『おらおらでひとりいぐも』映画化 田中裕子が15年ぶり映画主演、共演に蒼井優

沖田修一監督が『おらおらでひとりいぐも』映画化 田中裕子が15年ぶり映画主演、共演に蒼井優

 第54回文藝賞、第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子のデビュー作『おらおらでひとりいぐも』が、沖田修一監督、田中裕子主演のタッグで映画化されることが決定した。

原作『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子(河出書房新社)

 55歳で夫を亡くした後、息子の勧めで小説講座に通い始め、主婦業の傍ら執筆した『おらおらでひとりいぐも』で、63歳の新人としてスポットを浴びた原作者の若竹。史上最年長で第54回文藝賞を受賞、第158回芥川賞もW受賞し、50万超えのベストセラーを記録した。日本のみならず、韓国、中国といったアジア圏をはじめヨーロッパでも翻訳版の刊行が進んでいる。

 今回の実写映画では、原作に惚れ込んだ沖田監督が自身で脚本も執筆し、出演を熱望した主演の田中、そして蒼井優との初めてのタッグで製作される。

 各書店で売り上げ1位を席巻した原作は、主人公・桃子さんの人生を「娘の時代」「妻の時代」「祖母の時代」と3つに分け、晩年の「普通」の女性が描かれる物語。「現在」の75歳の桃子さんを田中、「娘の時代」「妻の時代」の20〜34歳の桃子さんを蒼井が演じる。なお、田中が映画の主演を務めるのは、『いつか読書する日』以来15年ぶり。田中と蒼井の共演は、今回が初となる。

田中裕子 コメント

スタッフの皆さまキャストの皆さま、お疲れ様でした。今回の撮影では、最初図書館に恐竜の図鑑を借りに行って、小学生のコーナーでしたが、その時からなんだかもう小学生のような気分になりました。撮影の中で、図画工作の時間がありました。音楽の時間もありました。体育の創作ダンスの時間もあったし、遠足も行ったし。保健かな?湿布の貼り方っていうのもあったような気がします。遠足ではとてもお天気に恵まれてきれいに澄んだ空気の中、雑木林でどんぐりや松ぼっくり拾ったりしました。あのどんぐりや松ぼっくりも寒い冬をくぐって朽ちてゆくんだと思いますが、雑木林にはまた春がやってくるんですよね。私も日々朽ちていくのでありますが、この歳になってこの作品に会えて、沖田監督にお会いできて、嬉しいです。監督の撮影中の一喜一憂される姿が目に焼き付いています。私のこれからの日々に監督のあの姿を思い出してニヤニヤできる事が、私にとっての小さな春になりそうです。皆さま、ありがとうございました。

蒼井優 コメント

田中裕子さん主演、沖田修一監督作品」という、何があっても映画館で観たい作品に、自分も携わらせていただけたこと、心から嬉しく思います。私は、田中裕子さんが演じられる「現代の桃子さん」の、20代と30代パートで出演し、現代パートでは桃子さんの脳内の声をやらせていただきました。この作品は桃子さんという1人の女性のお話ですが、映画をご覧になられる方、皆さんのお話でもあると思います。桃子さんの今に想いを馳せたり、娘、直美の言動に自分を重ね反省したりしながら撮影を進めていました。1人の人生にスポットをあてた作品でありながら、壮大で奥行きのある、ユーモア溢れた作品になっていると思います。オファーをいただいた時から、早くこの作品を観たくてたまりません。田中裕子さんとご一緒させていただくことも夢でしたので、世界中に自慢したいくらい幸せです。

沖田修一監督

■公開情報
『おらおらでひとりいぐも』
2020年予定
出演:田中裕子、蒼井優
脚本・監督:沖田修一
原作:若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社刊)
配給:アスミック・エース
製作:『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
(c)2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
公式サイト:http://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ