『グランメゾン東京』“大人の夢”はまだ終わらない? 最後まで主役を立てた木村拓哉の見事な演技

『グランメゾン東京』“大人の夢”はまだ終わらない? 最後まで主役を立てた木村拓哉の見事な演技

 『グランメゾン東京』(TBS系)最終回が12月29日に放送された。ミシュランの審査に向けたメニューのリニューアルも残すところ前菜、魚料理、デザートの三品。尾花(木村拓哉)はマグロ料理の開発を進める。その折、フランスの三ツ星レストラン「ランブロワジー」が尾花をスカウトする。

 なかなか仕上がらないマグロ料理にしびれを切らした倫子(鈴木京香)は、自分が代わりに魚料理を作ると申し出る。そして、倫子が完成させた一皿が思わぬ帰結を呼び込むことになった。祥平(玉森裕太)がナッツ混入事件の犯人であることを突き止めたリンダ(冨永愛)は、三ツ星を決めるスターセレクションのメンバーにグランメゾン東京を審査の対象から外すよう助言。それを察した尾花はフーディー(美食家)としてのリンダのプライドに訴え、完成したフルコースを食べに来るように誘った。

 三ツ星を狙う料理人たちが主役の『グランメゾン東京』で、もうひとつの主役と言えるのが実際に一流レストランが考案した逸品。「今までやってきたことを今日全部出す」と尾花が宣言するとおり、10品それぞれが完璧に盛り付けられた芸術的な料理の数々に圧倒された。世界中のグルメを食べ歩き、震えるような感動を味わってきたはずのリンダも、尾花たちの料理を口にして「もう一度こういう体験ができると思わなかった」、「今までのベスト」と言い切る。

 自らの立場を投げうったリンダの計らいによって、グランメゾン東京にはミシュランの調査員が訪れる。時を同じくして尾花による画期的なマグロ料理が完成。しかし、シェフである倫子は三ツ星の調査員に自分が作った「ハタのロティ」を提供することを決める。その言葉を聞いた尾花は「俺はもうこの店の人間じゃない」と言って出て行ってしまう。最終審査目前で、天才料理人と神の舌を持つシェフの最強コンビもここまでかと思われた。

 これまでの各話では、エスコフィユ時代に届かなかった三ツ星を獲るためのヒントが示されてきた。最後のひとつは「自分を信じる力」。エスコフィユ時代に「二ツ星のプレッシャーに負けた」と語る尾花は、自身の経験から「自分の料理で星を獲ったという揺るぎない手ごたえ」を掴ませるために、あえて倫子を自分と競わせた。一歩間違えれば全てが無に帰する危険な賭けだったが、尾花には倫子が自分以上の料理を作って星を獲る確信があったのだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる