『スカーレット』西川貴教が戸田恵梨香に伝えたもの “自分だけのために”歩き始めた喜美子

『スカーレット』西川貴教が戸田恵梨香に伝えたもの “自分だけのために”歩き始めた喜美子

 「芸術は爆発だ」という名言を残した人がいるように、特別な感性を持つ人々はしばしば不思議で、奥の深い言葉を口にする。『スカーレット』(NHK総合)に登場するジョージ富士川(西川貴教)という芸術家もまたその一人で、これまでに彼は「自由は不自由」という言葉を伝えてきた。今週の放送では、そんなジョージ富士川が久しぶりに登場した。

 息子・武志(又野暁仁)が熱を出したこともあって、信楽に訪れた富士川の実演会には足を運ぶことができなかった喜美子(戸田恵梨香)。しかし、八郎(松下洸平)が声をかけて頼んでくれたこともあり、なんと富士川本人が喜美子のもとへとやってきたのだった。「特別実演会」ということで、子供たちも交えながら、貴重な時間を体験することになった喜美子。喜美子の家の前に用意された大きな白いキャンバスには、絵筆を手にした子供たちによる絵が次々と描かれていった。

 その実演会を通して喜美子は改めて、創作の「楽しさ」を知る。当初は何をキャンバスに描いていいのか分からず、筆が止まっていた喜美子。しかし、まるでキャンバスと戯れるように絵を描く富士川の姿を見ているうちに、喜美子はまるで何かを思い出したかのように、絵を描くことを楽しんでいく。もはや筆なんて使わずに、手や足、全身に絵の具をつけてキャンバスの上を転がっていった。それは創作の源である「楽しさ」を再び学ぶことができた貴重な時間となったのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ