水原希子がアゼルバイジャンで世界地図を手に 『ブラを捨て旅に出よう』メインビジュアル公開

水原希子がアゼルバイジャンで世界地図を手に 『ブラを捨て旅に出よう』メインビジュアル公開

 水原希子主演のHuluオリジナルドラマ『ブラを捨て旅に出よう〜水原希子の世界一周ひとり旅〜』のメインビジュアルが公開され、配信開始日が2020年1月24日に決定した。

 旅作家・歩りえこの著書『ブラを捨て旅に出よう』(講談社)を原案に据えた本作は、“半分ドラマ、半分ドキュメンタリー”という新ジャンルの作品。ネットでたびたび炎上してしまったり、フェイクな記事を書かれるといった経験を通し、真剣に考え抜いた水原が、自らのアイデンティティーを求めてバックパックを背負い、世界一周ひとり旅に出発する。

 原案エッセイの実話エピソードをベースとしたストーリー展開は予定されているものの、現地へ赴けば、水原の本能に従うのみ。想定している旅から180度変わる可能性を大いに秘めた“水原希子の瑞々しい感性&力強い生命力が炸裂するドキュメンタリー”の一部始終を、カメラが捉える。

 公開されたメインビジュアルでは、旅先のひとつであるアゼルバイジャンの首都・バクーを背景に、世界地図を手にし、笑顔を見せる水原の姿が切り取られている。

 なお、本ビジュアル撮影時の気温は7℃だったが、バクー特有の強風により体感温度は0℃以下だったという。撮影時、水原は自身のスマートフォンでお気に入りの音楽をかけて踊りながら、1000枚にもおよぶ写真撮影に応じた。

 劇中で水原は、中国四川省大根村では世界最古の少数民族・チャン族の民族衣装を、ベトナムではアオザイを、インドではサリーと、各国の民族衣装に身を包む。

 水原からは、コメントが寄せられている。

水原希子

メインビジュアルを撮影したバクーの荒野はすごく美しい場所。少し寒かったけど、写真を撮ってくれたのがすごく仲の良い友達だったので、そういう意味でも心温まる開放的な撮影になりましたし、すごく自然な表情が生かされた良い写真になったんじゃないかと思います。
今回は本編の撮影で、いろいろな地域の民族衣装や洋服も着ることができたのですが、それもすごく楽しかったです。
中国四川省の大根村に暮らすチャン族の方に着させてもらった民族衣装は、色も柄もいっぱいで、ホントに素敵! 今回初体験できて、うれしかったです。ベトナムでアオザイを着た時は「こんなにスタイルがよく見える服なんだ!」と実感しました。ペイントされた一点物の生地を使って、フルオーダーで自分の体に合ったものを作るので、ファッション好きの私としては興味深かったです。インドのサリーは、街を歩いている人たちもみんな当たり前のように着ているんですよ。しかも単なる1枚の布というわけではなく、よく見るととてもディテールが凝っていたり、地域によって染め方も違ったりして、すごく勉強になりました。
ただ、実際に着てみたら、思った以上に色々大変で……(笑)。私にサリーを着せてくれた現地の子も「簡単に着ているように見えるけど、布1枚だからあまり安定しなくて、結構大変なんだよ」と言っていました。着てみないと分からないものだなぁと思って、すごくテンション上がりました!

■配信情報
Huluオリジナルドラマ『ブラを捨て旅に出よう~水原希子の世界一周ひとり旅~』
Huluにて、2020年1月24日(金)からHuluで独占配信開始以降、毎週金曜日に新エピソードを更新(全6話)
出演:水原希子
原案:歩りえこ『ブラを捨て旅に出よう』(講談社)
脚本:佐藤友治
音楽:得田真裕
演出:戸田一也、浅見真史(トータルメディアコミュニケーション)
制作協力:吉本興業
製作著作:Hulu
(c)Hulu Japan
公式サイト:https://www.hulu.jp/static/brasute/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる