佐藤浩市、渡辺謙らが登壇予定 『Fukushima 50』ワールドプレミアに10組20名様をご招待

 映画『Fukushima 50』が2020年3月6日に全国公開される。

 本作は、福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られた、ジャーナリスト門田隆将のノンフィクション作品『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫刊)を原作とした、2011年3月11日午後2時46分に発生し、マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描く物語。

 想像を超える被害をもたらした原発事故の現場、福島第一原子力発電所(通称:イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。世界中が注目した現場では本当は何が起きていたのか。そして何が真実なのか。浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本壊滅の危機が迫る中、死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が明らかになる。

 主役となる福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役に佐藤浩市、福島第一原発所長・吉田昌郎役に渡辺謙、さらには、吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤工、富田靖子、佐野史郎、そして安田成美らが結集した。

 リアルサウンド映画部では、2020年1月26日に東京国際フォーラムで行われる『Fukushima50』ワールドプレミアに10組20名様をご招待。当日は、佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆 、緒形直人、安田成美、若松節朗監督が登壇する予定だ。概要・応募方法は以下のとおり。

映画『Fukushima 50』ワールドプレミア概要

日程:2020年1月26日(日)15:45開場 16:30開演
場所:東京国際フォーラム ホールC(東京都千代田区丸の内3-5-1)
登壇者(予定):佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆 、緒形直人、安田成美、若松節朗監督
※開催日時、場所、登壇者など、予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

応募方法

リアルサウンド映画部の公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTのみ。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<応募締め切り>
2020年1月1日(水)

■公開情報
『Fukushima 50』
2020年3月6日(金)全国ロードショー
出演:佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤工、富田靖子、佐野史郎、安田成美  
監督:若松節朗
脚本:前川洋一
音楽:岩代太郎
原作:『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』門田隆将(角川文庫刊)
製作:KADOKAWA
配給:松竹、KADOKAWA
(c)2020『Fukushima 50』製作委員会
公式サイト:fukushima50.jp
公式Twitter:twitter.com/Fukushima50JP
公式Facebook:facebook.com/fukushima50jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ