大自然で紡がれる父と子の束の間の交流 森山未來主演『オルジャスの白い馬』新場面写真公開

大自然で紡がれる父と子の束の間の交流 森山未來主演『オルジャスの白い馬』新場面写真公開

 2020年1月18日に公開となる『オルジャスの白い馬』の新場面写真が一挙公開された。

 森山未來が初めて海外作品の主演に挑み、オール・カザフスタンロケを敢行した日本・カザフスタン合作映画となる本作は、カザフスタンの大草原を舞台に、突然父を亡くしてしまった少年オルジャスと、その前に突然現れた不器用だが正義感の強い男カイラートとのふれあいを描くヒューマンドラマ。『アイカ(原題)』で第71回カンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワがW主演を務める。監督・脚本は、『シグナル100』の竹葉リサとカザフスタン人のエルラン・ヌルムハンベトフが共同で担当した。

 公開された場面写真は8点。オルジャスの行き場のない想いを抱えた表情、カイラートが自分が姿を消した本当の理由をアイグリに告げられず複雑な表情を浮かべる様子、美しい夕焼けのもとオルジャスが乗る馬をカイラートが引いてあげるささやかな親子の交流、オルジャスが大人たちが集う空間で不安げに辺りを見回す幻想的な場面、カイラートが何者かに短銃を向けコートには真っ赤な血が付いている様子など、人々のドラマに大自然が融合した、情感あふれるカットとなっている。

 本作は、天山山脈を望む今でも遊牧民がたくさんいるエリアで撮影され、ベルリン国際映画祭で受賞歴を持つ若き撮影の名手アジズ・ジャンバキエフが、雄大な自然で生きる人々のドラマを詩情豊かに捉えていく。ヌルムハンベトフ監督は、本作について、「この映画にとって俳優はもちろんですが、大きな役割をもって出てもらっているのは実は大自然なんです。それに動物や物語といったものが加わっていきますが、大自然という役者に、人間という役者がどう調和していくのかがテーマとも言えました」と、ユニークな視点でカザフスタン人キャスティングを行ったことを明かす。また、劇中で並ぶカイラートとオルジャスについては、「オルジャス役の選考にあたって一番重視したのは、本当の父親を演じる森山自身さんに似ているかどいうかということでした」と意外な秘話も披露した。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『オルジャスの白い馬』
2020年1月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー
監督・脚本:竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ
プロデューサー:市山尚三、木ノ内輝、キム・ユリア
出演:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ
配給:エイベックス・ピクチャーズ
配給協力:プレイタイム
2019/日本・カザフスタン/カザフ語・ロシア語/81分/カラー/DCP/Dolby SRD(5.1ch)/シネスコ/英題:Horse Thieves
(c)『オルジャスの白い馬』製作委員会
公式サイト:orjas.net

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ