山田裕貴が“陶芸王子”、広末涼子&友近が着物姿に 『嘘八百 京町ロワイヤル』新場面写真

山田裕貴が“陶芸王子”、広末涼子&友近が着物姿に 『嘘八百 京町ロワイヤル』新場面写真

 2019年1月31日に公開となる『嘘八百 京町ロワイヤル』より、新たな場面写真が公開された。

 本作は、中井貴一と佐々木蔵之介のW主演で贈るお宝コメディ『嘘八百』シリーズ第2弾。監督は前作に続き『百円の恋』の武正晴、脚本は今井雅子と足立紳のコンビが務める。前作でも舞台となった大阪・堺に加え、数知れぬお宝が眠る古都・京都もまたにかけた、抱腹絶倒の騙し合いが繰り広げられる。

 公開された場面写真では、前作よりお馴染みの古物商の則夫(中井貴一)と陶芸家の佐輔(佐々木蔵之介)が、真剣な表情で、いくつも並んだ5,000万円は下らないと言われる古田織部の幻の茶器「はたかけ」を見つめる姿が収められている。また、父の形見を騙し取られたとする着物姿の志野(広末涼子)が、茶室で則夫と対峙するシーンや、佐輔の息子・誠治(前野朋哉)と共に「はたかけ」を見つめる着物姿の姉御肌女房・康子(友近)ら佐輔一家の写真も。

 今回、人気占い師として活躍する則夫の娘・いまり(森川葵)や、居酒屋「土竜」に集う西田(木下ほうか)、よっちゃん(坂田利夫)、材木屋(宇野祥平)らお馴染みの面々に加え、今作から登場する有名古美術店「嵐山堂」主人の嵐山直矢(加藤雅也)、大御所鑑定家の奥野万蔵(竜雷太)、「陶芸王子」としてお茶の間人気の若手陶芸家・牧野慶太(山田裕貴)が、則夫と共にTVのお宝番組の収録に臨む様子も切り取られている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『嘘八百 京町ロワイヤル』
2020年1月31日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:中井貴一、佐々木蔵之介、広末涼子、友近、森川葵、山田裕貴、坂田利夫、前野朋哉、木下ほうか、塚地武雅、竜雷太、加藤雅也
監督:武正晴
脚本:今井雅子、足立紳
音楽:富貴晴美
配給:ギャガ
制作プロダクション:アークエンタテインメント
(c)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会
公式サイト:https://gaga.ne.jp/uso800-2/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ