清野菜名×横浜流星W主演ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』ビジュアル公開

清野菜名×横浜流星W主演ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』ビジュアル公開

 清野菜名と横浜流星がW主演を務める、2020年1月クールの日本テレビ系日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』より、ビジュアルが公開された。

 本作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る男・飼育員さんが、「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、警察やマスコミが触れない“隠れた真相”を大胆に暴く様を描く、読売テレビ制作のドラマ。

 清野は、世間を騒がせる謎の存在・ミスパンダの顔を持つ囲碁棋士・川田レンを演じ、横浜は、表向きは大学で精神医学を学ぶ傍ら、メンタリストNとしてもテレビ出演する医学生だが、裏ではミスパンダの「飼育員さん」となる森島直輝役を務める。普段はネガティブで弱気なレンだが、直輝からあるきっかけを与えられると、ミスパンダに変貌する。

 公開されたビジュアルでは、清野と作業着姿の横浜の姿が切り取られている。清野と横浜からはコメントも到着した。

コメント

清野菜名

世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎のミスパンダと、囲碁カフェで働くレンという普通の女の子を演じます。まったく違う2つのキャラクターを演じていますが、やっていくうちにどんどん楽しさが増しています。今回はアクションもあって、今までにない自分を出していきたいです。自分が役を楽しめば、視聴者の方にも楽しんでいただけると思うので、思い切って演じたいです。スタッフ・キャストの皆さんと力を合わせて、今までにないドラマを作りたいと本気で思っています。面白いドラマを作っていきますので、ぜひご覧ください。

横浜流星

僕が演じる直輝は、メンタリストNとしてテレビ出演もしている人当たりの良い医学生という表の顔と、ミスパンダを操る飼育員さんという裏の顔を持っています。ただ実は、直輝は、父の死の真相を暴き復讐するために動いていて、その目的を果たすためにいろんな顔を使い分けているので、その目的を大事にしながら演じていきたいです。今の時代だからこそ作れるドラマだと思いますし、挑戦的なオリジナル作品になっています。スタッフ・キャストの皆さんとともにゼロから、皆さんをハラハラドキドキさせられるように頑張っていきたいと思いますので、ご期待ください。

■放送情報
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
日本テレビ系にて、2020年1月スタート 毎週日曜22:30〜23:25放送
出演:清野菜名、横浜流星
監督:遠藤光貴
チーフプロデューサー:岡本浩一(読売テレビ)
プロデューサー:福田浩之(読売テレビ)、千葉行利(ケイファクトリー)、馬場三輝(ケイファクトリー)
共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:読売テレビ
(c)読売テレビ
公式サイト:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/
公式Twitter:@shirokuro_drama
公式Instagram:@shirokuro_drama

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ