四宮&成瀬の急接近に嫉妬を覚える春田 『おっさんずラブ-in the sky-』は“告白”と“沈黙”がカギに?

四宮&成瀬の急接近に嫉妬を覚える春田 『おっさんずラブ-in the sky-』は“告白”と“沈黙”がカギに?

 言葉でしっかり気持ちを伝えられる人がいれば、想いを押し鎮めて伝えようとしないものもいる。相手のことを考えて身を引こうとするも、簡単にはそうできないことを雄弁に物語る数々の目線たち。『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系)とは、端的に言えば、<告白>と<沈黙>、あるいは<行動>と<まなざし(目線)>のドラマだと言い切ってしまっていいだろう。とりわけ第4話は、その相反する所作が顕著に現れた回。緋夏(佐津川愛美)には本音を吐露しても本人の前ではダンマリの四宮(戸次重幸)に、娘に配慮して春田(田中圭)を嫌いになろうとする黒澤キャプテン(吉田鋼太郎)。四宮の想いは代弁しても、自分の想いには正直になれない成瀬(千葉雄大)に、春田への気持ちを整理してまっすぐに前を向く緋夏。そして、ある感情の芽生えに戸惑う春田。

 娘である緋夏のために身を引く決意をするけれど、すぐには嫌いになんてなれない。第4話の冒頭では、黒澤キャプテンのそんな葛藤が描かれていただろう。そんななか、四宮の誕生日パーティーへ参加することになった黒澤キャプテンは、そこにいた四宮と成瀬への春田の親密な態度を見かね、「他の男にとられるなら話は別」と、突如として卓球対決をはじめることに。やはり黒澤キャプテンは<行動>の男であった。

 告白を誘い出すような黒澤キャプテンの質問にも沈黙を貫く四宮。そのことに合点がいかず、すっとぼけている春田を見て苛立ちを抑えきれない成瀬は、「(四宮が春田のことを)好きってことだよ!」とストレートに真実を告げる。そしてそれに誘われるようにして、黒澤キャプテンも再度、「好きさぁ~!」と春田に告白。さまざまな感情があらわになる一方で、春田は突然のことに心をかき乱され、また成瀬はなんだか悲しそうに映る。

 「みんなが羨ましかったです。俺はみんなみたいに本気で誰かを好きになったことなんて一度もないから」とのちに言うように、成瀬には告白の対象がいないのかもしれないし、いるけれど言えないのかもしれない。どちらにせよこの世界には、まっすぐに告白するものがいれば、相手のことを考えて沈黙せざるを得ないものもいる。そしてその沈黙は、「まなざし」として私たち視聴者の目に見える形で現れてしまうから、なんとも愛らしく、しかし物悲しくも映ってしまうのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ