ディーン・フジオカ、R・ダウニー・Jr、B・カンバーバッチ、ホームズ俳優たちの異なる魅力

ディーン・フジオカ、R・ダウニー・Jr、B・カンバーバッチ、ホームズ俳優たちの異なる魅力

ディーン・フジオカ/『シャーロック』

 そして、現在放送中の『シャーロック』。舞台が令和の東京という、先述の2作品より大きな設定変更を行っているが、違和感なくここまで翻案されていると言える。ディーン・フジオカが演じるのは犯罪捜査コンサルタントの誉獅子雄で、岩田が演じるのはジョン・ワトソンにあたる若宮潤一。そして、シャーロックの宿敵であるモリアーティ教授は守谷壬三として今後登場が期待される。それぞれイニシャルが同じで原作の名前を連想させるのは、ディーン・フジオカが出演してきた『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』(いずれもフジテレビ系)の流れをくんでいる。

 振り返るとディーン・フジオカのブレイクのきっかけとなったのは、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の“五代様”こと五代友厚だった。五代はイギリスへ留学していたこともあり、先進的な思考の持ち主としてヒロイン・浅子(波瑠)を導いていった。スマートなスーツに身を包み、優しさに溢れた五代は、まさに“英国紳士”だった。五代友厚と誉獅子雄では、雰囲気も性格もまったく違うが、そのキャラクターのベースに“英国紳士”があるという点では共通しているとも言える。

 ロバート・ダウニー・Jr、ベネディクト・カンバーバッチは、ホームズ役を経て、さらなる活躍を見せてくれた。ディーン・フジオカもまた、型にはまらない規格外の俳優として、彼にしかできない演技を見せ続けてくれそうだ。

■池沢奈々見
恋愛ライター。コラムニスト。

■放送情報
『シャーロック』
フジテレビ系にて、毎週月曜21:00~21:54放送
出演:ディーン・フジオカ、岩田剛典、山田真歩、ゆうたろう、佐々木蔵之介ほか
原作:アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ
脚本:井上由美子
プロデュース:太田大
演出:西谷弘
制作・著作:フジテレビ第一制作室
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる