『ドクター・スリープ』3種のスポット映像公開 呪われたホテルの恐怖が明らかに

『ドクター・スリープ』3種のスポット映像公開 呪われたホテルの恐怖が明らかに

 11月29日公開の映画『ドクター・スリープ』より、3つのスポット映像が公開された。

 本作は、スタンリー・キューブリック監督作『シャイニング』の続編。スティーヴン・キングが2013年に発表した小説をもとに、Netflixで配信されたキング原作の『ジェラルドのゲーム』でメガホンを取ったマイク・フラナガンが監督・脚本を務めた。『トレインスポッティング』のユアン・マクレガーが、幼い頃壮絶な過去を体験したダニーを演じる。

 40年前の雪山の惨劇で、狂った父親に殺されかけ、今もトラウマを抱えるダニーは、人を避けるかのように孤独に暮らしていた。そんな中、40年前の惨劇を生き残ったダニーの周りで、児童ばかりを狙った不可解な連続殺害事件が起きる。事件の謎を追い、辿りついたのは、あの場所だった。

『ドクター・スリープ』スポット映像<ダニー編>

 30秒のオンラインスポット<ダニー編>では、『シャイニング』から40年、幼き日に“呪われたホテル”での惨劇を目の当たりにしたトラウマを抱えたダニー(ユアン・マクレガー)が、自分と同じ“特別な力”を持つ少女アブラ(カイリー・カラン)と出会い、再びホテルに戻る様子が。手斧やタイプライターといった、“呪われたホテル”にある謎のアイテムも映し出されている。

『ドクター・スリープ』スポット映像<ミステリー編>

 15秒のスポット映像<ミステリー編>は、REDRUMのメッセージが書かれた扉やバスタブ中の老婆、廊下に佇む双子の姉妹が次々と映し出され、大量の血が溢れ出すエレベーターで締めくくられる。

『ドクター・スリープ』スポット映像<シャイニング編>

 15秒のスポット映像<シャイニング編>は、「おかえり、ダニー」の言葉とともに扉の裂け目をのぞき込むダニーが映し出され、幼少期のダニーや本作の鍵を握る少女アブラのおびえた表情、叫び声をあげる謎の少女、何かに驚いたように振り返るダニーの姿とともに、双子の姉妹の「遊びましょう。ずっとずっと永遠に」という声も確認できる。

■公開情報
『ドクター・スリープ』
11月29日(金)全国ロードショー
原作:スティーヴン・キング『ドクター・スリープ』(文春文庫刊)
監督・脚本:マイク・フラナガン
出演:ユアン・マクレガー、カイリー・カラン、レベッカ・ファーガソン
配給:ワーナー・ブラザース
(c)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
公式サイト:www.doctor-sleep.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ