“脱出ゲーム”がモチーフに 全米スマッシュヒット記録のスリラー『エスケープ・ルーム』公開決定

 全米スマッシュヒットを記録した映画『エスケープ・ルーム』が、2020年2月28日に公開されることが決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、人気沸騰の体験型エンターテインメント“脱出ゲーム”をモチーフにしたサバイバル・スリラー。内気な理系女子大生ゾーイ、冴えないフリーターの若者ベンらの男女6人が、賞金1万ドルが懸かった体験型脱出ゲームに参加するため、シカゴの高層ビルに集まった。ところが前触れもなくゲームが突然スタートし、姿なきゲームマスターが仕掛けた邪悪なトラップに翻弄され、タイムリミットが迫る極限状態で命がけのゲームを強いられていく。

 監督を務めたのは、『インシディアス 最後の鍵』のアダム・ロビテル。キャストには、『ロスト・イン・スペース』のテイラー・ラッセル、『グッド・ネイバー』のローガン・ミラー、『トゥルーブラッド』のデボラ・アン・ウォール、『ショートウェーブ』のジェイ・エリス、『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』のタイラー・ラビーン、『ドラゴン・タトゥーの女』のヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲンらが名を連ねている。

 ポスター中央に写る男女6名は、脱出ゲームの参加者。上部に配されたのは、死のトラップが仕掛けられた様々な部屋だ。彼らはこれらの部屋を順番にクリアし脱出しなければならない。この前代未聞の命懸けのゲームに不安げな表情ながらも立ち向かっていく様子がうかがえる。

『エスケープ・ルーム』予告編

 あわせて公開された予告編では、ゲームの一端を確認することができる。灼熱地獄、極寒地獄、逆さま地獄など、どれも命を落としかねない危険な罠の数々。一方で、部屋の手の込んだプロダクションデザインの美しさや、ルービックキューブのようなパズルの招待状なども切り取られている。

■公開情報
『エスケープ・ルーム』
2020年2月28日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
監督:アダム・ロビテル
製作:ニール・H・モリッツ、オリ・マーマー
脚本:ブラギ・シュト、マリア・メルニク
出演:テイラー・ラッセル、ローガン・ミラー、デボラ・アン・ウォール、ジェイ・エリス、タイラー・ラビーン、ニック・ドダーニ、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン
提供:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
配給:東京テアトル
2019年/アメリカ/カラー/100分/シネスコ/5.1ch/原題:Escape Room
(c)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. 
公式サイト:escape-room.jp
公式Twitter:@escaperoom_jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ