蒼井優の振り切れ具合は、狂気の沙汰 『宮本から君へ』の“熱さ”を牽引する魅力を読む

蒼井優の振り切れ具合は、狂気の沙汰 『宮本から君へ』の“熱さ”を牽引する魅力を読む

 蒼井優の本気が凄い……。池松壮亮がタイトルロールである主人公・宮本浩を演じ、その熱い生き様が話題を呼んでいる映画『宮本から君へ』。本作は同名ドラマの映画版であり、ドラマ以上に熱い物語展開に拍車がかかっているのだが、それを先陣切って率いているのが蒼井なのである。

 単一のイメージに収まらないさまざまなタイプの作品・役柄に挑み、それらをすべてモノにしてきた蒼井だが、『オーバー・フェンス』(2016)や、主演女優賞を総嘗めにした『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017)で演じたヒステリックな女性役はとりわけ高く評価されている。前者では、あまりに真っ直ぐな魂を持つがゆえに、ときに突飛な振る舞いを見せてしまう女性を。後者では、自身に献身的に尽くす年上の男に強い嫌悪感を抱きながらも、そこに依存せずにはいられない女性を演じた。いずれもが心に激情を抱え、ときおり常軌を逸した姿を見せる女性の役だったのだ。

(c)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

 どちらのキャラクターにしても、つい目を背けたくなったり、思わず彼女たちを嫌悪してしまった方も多いのではないかと思う。だが、演じる蒼井は、決して観客を突き放したりはしない。私たちを置いてきぼりにして一人で突っ走っていくようなことはしないのだ。

 『オーバー・フェンス』で蒼井と対面する相手はオダギリジョーであり、一方の『彼女がその名を知らない鳥たち』では阿部サダヲである。両者とも日本映画界において中核を担う存在であることは広く認識されているが、どちらの作品でも、演技面で彼らの手を引いているのは蒼井のように思える。もちろん、彼らが彼女を支える側に立ち、“受けの芝居”に徹しているというのは大きい。蒼井の演じるキャラクターが、その直情的な性格で相手に強い影響を与えれば、必ずやそれと同等以上の反応が返ってくるだろう。そこで彼女の直情さはますますヒートアップし、これを繰り返すうちにある種のグルーブ感が生まれるのだ。そして、彼女に対する男たちの性質や挙動の差異が、それぞれの作品の感触を左右することにも繋がっていた。

 本作『宮本から君へ』で蒼井が演じる中野靖子役は、その究極系とも思える。ネタバレとなるためあまり深くは触れたくないところではあるが、靖子がヒステリック気味に振り切れてしまうのにはもちろん理由がある。しかし、それをきっかけとして主人公・宮本は、本作の物語の主軸となる、大きな決断と、その末に成長を果たすのだ。つまり彼の変化の原動力となるのは、蒼井が演じる靖子の存在なのである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる