深田恭子と瀬戸康史が乗り越えた運命 『ルパンの娘』最終話を飾った美しく長いキスシーン

深田恭子と瀬戸康史が乗り越えた運命 『ルパンの娘』最終話を飾った美しく長いキスシーン

 三雲家と桜庭家、巻家の壮絶な過去が明かされた『ルパンの娘』(フジテレビ系)最終回では、ついに華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)が結ばれた。

 全ての黒幕が巻英輔(浜田晃)であったことが発覚した前回に続き、なぜ英輔がかつてマツ(どんぐり)を襲ったのかが明らかになった。若き頃のマツは、英輔が警察ぐるみで賄賂の応酬など悪事を働いていることを知り、英輔の家に盗みに入った。その際に賄賂をもらって事件をもみ消していた警察官の名前をメモしたノートも盗んできたのだ。英輔はそのノートの流出を恐れ、マツを襲った。そして時代は流れ、現在、英輔は孫の巻栄一(加藤諒)を使って巌(麿赤兒)をはじめ、Lの一族を殺すように仕向けたのだ。

 しかし栄一が殺したのは巌ではなく、巌が偽装IDで名前を使っていた人物だった。巌は自分の死を偽装し、巻を煙に巻く。そして三雲家と桜庭家は協力して英輔の悪事を暴き、社会的に抹殺するのであった。

 Lの一族として正体のバレた三雲家は秘策として一家全員が事故で死んだことにする。実際はパラシュートで生還し、そのニュースが放送される頃、尊(渡部篤郎)ら三雲家は桜庭家に居候することになった。華と和馬は晴れて一緒に暮らすことになるのであった。

 渉(栗原類)が抱えていた長男としてのジレンマは解消され、円城寺(大貫勇輔)の恋にも終止符が打たれ、そして華と和馬は結婚式場でお互いの気持ちを伝え合う。「華以外もう愛せないんだ」と伝える和馬に華は「私だってそうだよ、かずくん以外もう愛せない」と答え、運命を乗り越え一生側にいることを誓い合った。和馬にとって運命を乗り越えることは相当な覚悟と恐怖があったはずだ。本人も「怖かった」と話す通り、自分の家族や信じていた価値観に反して生きる道を変えることは勇気がいる。しかし和馬と華は、その恐怖以上に2人で生きることの幸せが重要だと感じていたようだ。

 かつてマツと恋仲だった和一(藤岡弘、)が、和馬と華の味方になってくれたことで2人の恋はさらにスムーズに進む。華を演じた深田の幸せそうな笑顔と、瀬戸との”いってらっしゃいのシーン”は2人の日常を感じさせる愛らしい演出でほっこりとした気持ちになれた。本作の一番メインの物語であった2人の恋が成就した長いキスシーンは、視聴者にとっても感動とときめきにあふれたシーンだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる