“鬼”と化す大庭葉蔵の姿が 『HUMAN LOST 人間失格』本予告

 太宰治の『人間失格』をダイナミックにリメイクしたアニメーション映画『HUMAN LOST 人間失格』の公開日が11月29日に決定。本予告と本ビジュアル、場面カットが公開された。

 舞台は、医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京。日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。薬物に溺れ怠惰な暮らしを送る“大庭葉蔵”は、ある日、暴走集団とともに行動する謎の男“堀木正雄”とともに、特権階級の住まう環状7号線内(インサイド)への突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれる。

 『PSYCHO-PASS サイコパス』の本広克行がスーパーバイザーを務め、『アフロサムライ』などの木崎文智がメガホンを取る。脚本を務めるのは、『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞ほか数々の賞を受賞した冲方丁。加えて、『PokemonGO』や『ファイアーエムブレム』のコザキユースケがキャラクターデザイン、映画『GODZILLA』3部作のポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を担当する。主人公・大庭葉蔵役には、宮野真守が抜擢されたほか、花澤香菜、櫻井孝宏、福山潤が声優を務める。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 このたび公開されたビジュアルは、キャラクターデザインを手がけたコザキユースケ氏による描き下ろしとなっており、主人公の葉藏に何本もの“白い手”が伸びている様子が描かれている。葉藏の印象的なシーン含む17枚の場面カットも公開された。

『HUMAN LOST 人間失格』本予告

 本予告映像には、本編でのアクションシーンが収められ、“鬼”と化す大庭葉蔵の姿が映し出されている。

 なお、9月20日より発売が開始される映画前売券には、宮野真守らが演じるキャラクターボイス付メタリックステッカー(ランダム4種)の特典が封入される。10月28日より開幕する第32回東京国際映画祭の特別招待作品としての出品が決定した。

※木崎文智の「崎」は「たつさき」が正式表記。
※大庭葉蔵の「ぞう」は旧字体が正式表記。

『HUMAN LOST 人間失格』ムビチケ

■特典情報
『HUMAN LOST 人間失格』ムビチケ 
9月20日(金)より上映劇場にて発売
価格:1,500円(税込)※ムビチケのみ
キャラクターボイス:大庭葉藏(CV:宮野真守)、柊美子(CV:花澤香菜)、堀木正雄(CV:櫻井孝宏)、竹一(CV:福山潤)
※前売券1枚につき特典は1枚。
※ボイスの種類は選択不可。
※デザインはイメージの為、実物と異なる場合あり。
※プレゼントは非売品の為、転売目的での購入はご遠慮ください。

■公開情報
『HUMAN LOST 人間失格』
2019年、全世界公開
原案:太宰治『人間失格』より
出演:宮野真守
スーパーバイザー:本広克行
監督:木崎文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
(c)2019 HUMAN LOST Project
公式サイト:human-lost.jp
公式Twitter:@HUMANLOST_PR

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる