チョ・ジヌンがリュ・ジュンヨルに尋問を始める 『毒戦 BELIEVER』本編映像公開

チョ・ジヌンがリュ・ジュンヨルに尋問を始める 『毒戦 BELIEVER』本編映像公開

 10月4日に全国公開される『毒戦 BELIEVER』より、本編映像が公開された。

 本作は、ジョニー・トー監督の『ドラッグ・ウォー 毒戦』の韓国リメイク版。『お嬢さん』『親切なクムジャさん』のチョン・ソギュンが脚本を手がけた。

 巨大麻薬組織に君臨し、その悪名を轟かせているにも関わらず、誰ひとり本名も経歴も、顔さえ知らない麻薬王“イ先生”。麻薬取締局のウォノ刑事(チョ・ジヌン)は、組織壊滅のため長年イ先生を追っているが、いまだにその尻尾すら掴めない。ある日、麻薬製造工場が爆破され、事故現場から1人の生存者・ラク(リュ・ジュンヨル)が発見される。ウォノ刑事は組織に見捨てられたという青年・ラクと手を組み、大胆かつ危険極まりない筋書きによる、組織への潜入捜査を決意する。

『毒戦 BELIEVER』本編映像

 公開された本編映像では、工場の爆破により母親を亡くしたラクに対し、ウォノ刑事が、取調室で尋問を始めるシーンが展開。母親の遺体の傍らに佇み、母親の所持品も見ようとみせず、黙ったままのラク。“イ先生”への手がかりになりうるかもしれないと、ウォノ刑事はときに親しげに、ときに声を荒げ、詰め寄ろうとするが、ラクは終始無言を貫く。しかしウォノ刑事のある一言によってラクの表情が変わっていく。

 イ・ヘヨン監督は「原作がハードボイルドの権化みたいな感じだとすれば、私はハードボイルドな土台の上にウェットさを加えたかった。あるシーケンスでは湿度を上げてもっとベタベタと粘ついた感じで、別のシーケンスでは湿度を上げて情緒に満ちてしっとりした感性で」と2人の出逢いの場面の独特の空気感を振り返っている。

■公開情報
『毒戦 BELIEVER』
10月4日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
監督:イ・ヘヨン
脚本:チョン・ソギョン
出演:チョ・ジヌン、リュ・ジュンヨル、キム・ジュヒョク、チャ・スンウォン、パク・ヘジュン
配給:ギャガ・プラス
原題:Believer/2018年/韓国/韓国語/124分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:根本理恵
(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.
公式サイト:gaga.ne.jp/dokusen

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ