劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』興行収入50億突破記念 尾田栄一郎のコメント&特別映像公開

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』興行収入50億突破記念 尾田栄一郎のコメント&特別映像公開

 現在公開中の劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の興行収入が9月8日に50億を突破したことを受け、原作者・尾田栄一郎の直筆コメントと、尾田監修の特別映像が公開された。

 本作は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中の人気コミック『ONE PIECE』のアニメ放送20周年記念作品。圧倒的な強さを誇る最強の敵バレットを前に、海賊、七武海、海軍、革命軍、CP-0という垣根を超えて7人のオールスターメンバー(ルフィ、ロー、バギー、ハンコック、スモーカー、サボ、ルッチ)が共闘する。

 尾田のメッセージでは、「50億突破!! ですってよ!! ヤッホーイ! 映画の興行収入だよー!!」と喜びを表現し、「何回も観た人、まだの人。コメンタリー! 応援上映! 4DX! 9月も全国350館でバリバリ上映中ー!!のって来ーい!」と、引き続き9月も様々な形態の上映で楽しんでもらいたいと願望を描きつつ、「アニメ20周年のお祭り楽しんでくれて皆さんありがとう!!」と観客への感謝を綴っている。

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』尾田栄一郎監修特別映像

 そして、「50億突破の記念動画を作ってもらったからまー観て!! スゴイよ。70秒時間く れ!!!」という言葉のとおり、特別映像では、麦わらの一味はもちろん、今回ルフィたちの前に立ちはだかる“鬼”の跡目ことダグラス・バレット、最悪の戦争仕掛け人ブエナフェスタ、そしてキッド 、ホーキンス、ドレーク、アプー、ボニー、ベッジら最悪の世代の戦闘シーンや、混乱する海賊万博を治めようとする藤虎、黄猿、戦桃丸、パシフィスタをはじめとした海軍、バレットに立ち向かっていく、ルフィをはじめ、サボ、ハンコック、バギー、スモーカー、ルッチ、ローら本作でバレットと戦う共闘メンバーなど、オールスターキャラの戦闘シーンがふんだんに使われている。

 また、先日8月31日に全国5大都市で実施された応援上映が大好評だったことを受け、全国47都道府県にて、9月14日、15日、16日の3連休に応援上映が追加開催されることも決定。詳細は後日公式サイトにて発表される。

■公開情報
劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』
全国公開中
原作・監修:尾田栄一郎(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
監督:大塚隆史
脚本:冨岡淳広、大塚隆史
出演:田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子、矢尾一樹、チョー、磯部勉 ゲスト声優:ユースケ・サンタマリア、指原莉乃、山里亮太(南海キャンディーズ)
主題歌:WANIMA「GONG」(unBORDE/ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:東映
(c)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
公式サイト:onepiece-movie.jp
公式Twitter:@OP_STAMPEDE

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ