>  >  > 『いだてん』四三の物語に一区切り

『いだてん』中村勘九郎の「さようなら」に込められたもの 四三の物語に一区切り

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK総合)第27回「替り目」が7月14日に放送された。日本人初のオリンピック選手・金栗四三(中村勘九郎)を応援し続けた兄・実次(中村獅童)の死が、走り続けた四三の物語に終止符を打った。

 現役引退後も走り続けていた四三のもとに、兄・実次が訪ねてきた。久方ぶりに四三と顔を合わせた実次が見せる満面の笑みが印象的だ。「オリンピックば3回やったもんなあ!」と話す彼の笑顔は、走ることに向き合い続けた弟への敬意に満ちている。

 実次が東京に訪れたのは、ストックホルムオリンピックの旅費を届けに来たときから17年ぶりのことだった。実次は別れ際「そろそろ、熊本に帰ってこんね」と四三へ伝える。「後進の育成」という夢を抱えていた四三の表情には迷いがあった。だが、実次は四三に無理強いすることなく、しかし、まっすぐ目を見つめてこう言った。

「みんな、待っとるけん」

 その後も東京に残っていた四三に兄の危篤を伝える電報が届いた。四三はすぐに帰郷するも、実次の臨終には間に合わなかった。四三の深いため息が、兄の死に際に立ち会えなかった四三の虚しさを物語る。亡くなった兄の顔を見て、四三は声にならない声をあげて涙を流した。顔をひきつらせ、悲しみに暮れる四三の表情からは、実次の存在がいかに大きなものだったかが伝わってくる。

 かつて四三は父・信彦(田口トモロヲ)の臨終にも間に合わなかった。父は亡くなる直前まで、四三のために「嘉納(役所広司)先生に抱っこしてもらえた」と嘘をつき続けた。父のついてくれた嘘を白状しようとしたとき、「何も言うな!」と叱咤したのは兄の実次だった。そのときから、四三にとって実次は兄であり、父親のような存在だったのだ。

 母・シエ(宮崎美子)は、東京から帰ってきた実次が「嘉納治五郎先生に会うて、四三がお世話になりましたって、きっちり、お礼ば言うてきたけん」と話したことを伝えた。だが四三は、実次が父のように優しい嘘をついたのだと涙ながらに笑う。涙を流しながらも穏やかな表情で「父ちゃんと同じ嘘ばついて」と語る四三。だが、嘘をついてまで自分を熊本に呼び戻したかったのかと思った途端、四三の笑顔は崩れ、その目からは涙が溢れる。

 四三らのもとへやってきた幾江(大竹しのぶ)は、実次に「あんたがのうなったら、張り合いのなかばい」と声をかけた。幾江も早くに息子・重行(髙橋洋)を亡くしており、息子を亡くしたシエの悲しみを誰よりも理解している。幾江は四三にこう告げた。「今晩は仏さんのそばにおれ、死ぬまでお前のために頭下げて回った兄上のそばにおれ」。たまらず上を向き、涙を堪えようとする四三の姿が切ない。

      

「『いだてん』中村勘九郎の「さようなら」に込められたもの 四三の物語に一区切り」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版