インド同時多発テロからの脱出劇『ホテル・ムンバイ』9月公開 ポスタービジュアル&予告編も

 5つ星ホテルに閉じ込められた人質たちの奇跡の脱出劇を描く『ホテル・ムンバイ』が、9月27日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開されることが決定した。

 本作は、2008年にインド・ムンバイで実際に起きた無差別同時多発テロをもとにした実話ベースの物語。『スラムドッグ$ミリオネア』『LION/ライオン〜25年目のただいま〜』のデヴ・パテルが主演を務め、インドの5つ星ホテルで、自らの命を危険にさらしてまで宿泊客を守ろうとする給仕役を演じる。また、『君の名前で僕を呼んで』『ビリーブ 未来への大逆転』のアーミー・ハマーが、アメリカ人旅行客・デヴィッドを演じる。

 これまで短編映画で世界的評価を得ているオーストラリア出身のアンソニー・マラスが監督を務めた。マラス監督にとって⻑編初監督作となった本作は、トロント国際映画祭に正式出品されたほか、世界各国で映画賞を獲得。ヴァラエティ誌が選ぶ「2018年注目すべき映画監督10人」にも選ばれている。

 2008年インドの商都・ムンバイでイスラム武装勢力による同時多発テロが発生。歴史あるタージマハル・パレス・ホテルが燃え盛る映像は、世界を震撼させた。だがホテルに3日間閉じ込められた500人以上の人質は、その多くが生還を果たした。そこにはプロとしての誇りをかけて、宿泊客を救おうとしたホテルマンたちの知られざる真実の物語が存在した。

 公開されたポスタービジュアルでは、パテルの印象的な表情が切り取られている。

『ホテル・ムンバイ』予告映像

 予告編では、武装集団によるテロの凄惨な状況や、パテルが人質を救うために奔走する姿が描かれている。

■公開情報
『ホテル・ムンバイ』
9月27日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:アンソニー・マラス
出演:デヴ・パテル、アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディ、アヌパム・カー、ジェイソン・アイザックス
配給:ギャガ
原題:Hotel Mumbai/2018年/オーストラリア、アメリカ、インド合作/英語/123分/カラー/シネスコ/R-15指定/字幕翻訳:中沢志乃
(c)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ