「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、海外旅行の思い出はアイルランドのリアルサウンド映画部・宮川が『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』をプッシュします。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

 11年続いたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を締めくくるに相応しい大団円で、世界中を熱狂と興奮と感動で包んだ『アベンジャーズ/エンドゲーム』。4月26日の公開から約2カ月のロングランを経て、ついに6月27日に上映終了を迎えた。

 『エンドゲーム』上映終了の翌日に、まさにバトンを受け継ぐ形で公開されたのが、MCUの23作目でフェーズ3のラストを飾る本作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』だ。

 世界興行興収が歴代1位の『アバター』(2009年)に迫る歴代2位という大ヒットを記録中の『エンドゲーム』の直後を描く作品であること、前述のとおりMCUフェーズ3の完結編であること、過去にサム・ライミ版(『スパイダーマン』『スパイダーマン2』『スパイダーマン3』)、マーク・ウェブ版(『アメイジング・スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン2』)が作られた、スパイダーマンという人気ヒーローの単独映画最新作であることなどを踏まえると、この作品の注目度と重要度は「『エンドゲーム』以上」と言えるかもしれない。

 そんな『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』だが、作品の出来は『エンドゲーム』とは全く違う方向性で、新たな可能性すら感じさせる内容となっている。公開されたばかりなのでなるべくネタバレは控えるが、『エンドゲーム』の“その後”をしっかりと描きつつ、『ホームカミング』の続編としても、スパイダーマンが主人公の単独映画としても、MCUフェーズ3完結編としても、そして1本の映画としても、予想以上によくできた作品だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ