女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの半生を描く 『レディ・マエストロ』9月公開

 女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの半生を描いた、『The Conductor(英題)』が、『レディ・マエストロ』の邦題で9月20日に全国公開されることが決定した。

 本作は、女性が指揮者になるという夢を見ることさえ許されなかった時代に、自らの手でその夢をつかみ、女性指揮者のパイオニアとなったアントニア・ブリコの半生を、マーラー「交響曲第4番」、ストラヴィンスキー「火の鳥」から、ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」など、数々の名曲と共に描く伝記映画。

 1926年、ニューヨーク。オランダからの移民アントニアは、指揮者になるためならどんな困難にも挑むと決めていた。「女性は指揮者になれない」と言われながらも、音楽への情熱だけは誰にも負けなかったアントニアは、ナイトクラブでピアノを弾いて稼いだ学費で、音楽学校に通い始める。だが、ある“事件”から退学を余儀なくされ、引き留める恋人を置いて、アムステルダムからベルリンへ。遂に女性に指揮を教えてくれる師と巡り合う。憑かれたようにレッスンに没頭するアントニアだったが、出生の秘密、恋人の裏切り、女性指揮者への激しいバッシングなど、次々とアクシデントが襲い掛かる。

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、「奏でよう、私だけのシンフォニー。」というキャッチコピーと共に、女性指揮者のパイオニアであるアントニア・ブリコ(クリスタン・デ・ブラーン)がオーケストラを前に指揮棒を振る後ろ姿があしらわれている。恋人のフランク(ベンジャミン・ウェインライト)と顔を寄せ合う姿や、オーケストラに指示するブリコの強いまなざし、オーケストラの演奏風景も散りばめられている。

■公開情報
『レディ・マエストロ』
9月20日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国公開
監督・脚本:マリア・ベーテルス
出演:クリスタン・デ・ブラーン、ベンジャミン・ウェインライト、スコット・ターナー・スコフィールド
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
2018年/オランダ映画/英語・オランダ語/カラー/シネスコ/5.1ch/139分/DCP/G/英題:The Conductor/日本語字幕:古田由紀子
(c)Shooting Star Filmcompany – 2018

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる