小栗旬の危うい色男ぶりが炸裂 『人間失格 太宰治と3人の女たち』本ビジュアル&予告編

 9月13日公開の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』より、本ビジュアルと予告編が公開された。

 突飛な言動と奔放な私生活で、文壇から煙たがられながらも、ベストセラー作品を連発した天才作家・太宰治。正妻と2人の愛人という3人の女性と並行して関係を持ち、自堕落な生活を送った果てに、愛人と川に身を投げてしまったスキャンダルは、当時センセーショナルな事件として世間の注目を浴びた。彼をめぐる“3人の女との恋と愛”の物語と裏に隠された“本当の人生”を、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化する。

 写真家であり、『さくらん』 『ヘルタースケルター』を手がけた蜷川実花がメガホンを取り、主人公・太宰治役で小栗旬が主演を務めるほか、太宰の正妻・津島美知子役を宮沢りえ、太宰の愛人で弟子でもある作家・太田静子役を沢尻エリカ、太宰の愛人で最後の女・山崎富栄役を二階堂ふみが演じる。太宰と女たちを取り巻く男性陣にも、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也ら豪華キャストが集結した。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』予告編

 公開された予告編では、冒頭から、小栗演じる太宰が愛人の富栄に愛をささやくなど、太宰の危うい色男ぶりが炸裂している。「お父さんは天才」と子供たちに語りかける妻の美知子、「愛されない妻より、ずっと恋される愛人でいたい」と太宰に抱かれる静子、「死にたいんです、一緒に」と刹那的な笑顔で太宰に迫る富栄が次々と登場し、3人の女たちと太宰のスキャンダラスな関係性が垣間見える。

 先日発表された男性キャスト陣も今回の映像で初披露。「書くためならなんでもやる」と陰口を叩かれ不倫を続ける太宰に詰め寄る編集者・佐倉(成田凌)や、「地獄に堕ちて書いてるか?」と悪魔のように太宰を挑発する同志の作家・坂口安吾(藤原竜也)の姿も捉えられている。

 主題歌は、2001年にリリースされた東京スカパラダイスオーケストラの「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」(cutting edge / JUSTA RECORD)に決定。構想初期からこの曲をイメージしていたという蜷川監督の熱烈オファーに応え、主題歌決定の運びとなった。

■公開情報
『人間失格 太宰治と3人の女たち』
9月13日(金)ロードショー
監督:蜷川実花
出演:小栗旬、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也
脚本:早船歌江子
音楽:三宅純
プロデューサー:池田史嗣
主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリア鳴く空 feat.チバユウスケ」(cutting edge/JUSTA RECORD)
製作:2019「人間失格」製作委員会
企画:松竹
配給:松竹 アスミック・エース
(c) 2019 『人間失格』製作委員会
公式サイト:http://ningenshikkaku-movie.com/
公式Twitter:@NSmovie2019

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる