ロレンソ・フェロが銃の魅力に取り憑かれる 『永遠に僕のもの』予告編&場面写真公開

ロレンソ・フェロが銃の魅力に取り憑かれる 『永遠に僕のもの』予告編&場面写真公開

 ペドロ・アルモドバルがプロデュースを務めた映画『永遠に僕のもの』の予告編と場面写真が公開された。

 2018年にアルゼンチンでメガヒットを記録した本作は、アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯の少年カルリートスの、美しくも儚い青春を描き出したクライム青春ムービー。主人公・カルリートスのモデルとなったのは、17歳から相棒と手を組み、自分が望む全てのものを手に入れようと、窃盗、嘘を重ね、さらには僅か数年で12名以上の殺人を犯し、当時の社会に衝撃を与えた実在の人物、カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ。その美しいビジュアルから時に、「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称され、犯罪とは程遠いように思えるその美貌でも大きな話題を集めた。

 カルリートスを、本作が“銀幕デビュー”となるアルゼンチンの新星、ロレンソ・フェロが演じる。なお、日本公開を記念したフェロの初来日も決定しており、6月下旬に行われるプレミアイベントでは、フェロが日本のファンと直接触れ合うファンミーティングも実施予定だ。

『永遠に僕のもの』予告編

 公開された予告編では、フェロ演じるカルリートスが、相棒・ラモンとの出会いをきっかけに銃を手にし、初めて発砲したことをきっかけに「もっと撃ちたい」という思いから、躊躇なく銃砲店へと押し入り大量の拳銃を盗み出し、時には大胆に宝石強盗を起こすなど、次第に悪事がエスカレートしていくさまが描かれている。一方で、ラモンたちがカルリートスの姿に不安を覚える場面や、一人静かに涙を流すカルリートスの姿も収められている。

 また場面写真では、カルリートスとラモンがじっと見つめ合う様子や、拳銃を構える女の子を背後から支え、クールな表情を浮かべるカルリートス、制服姿のカルリートスが物憂げな表情を浮かべ、何気なく空を見上げる場面が切り取られている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『永遠に僕のもの』
8月16日(金)渋谷シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
監督:ルイス・オルデガ
プロデュース:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ハビエル・ブリア
出演:ロレンソ・フェロ、チノダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス
配給:ギャガ
原題:El Angel/2018年/アルゼンチン、スペイン/カラー/ビスタ/5.1ch/115分/字幕翻訳:原田りえ/映倫:R15
(c)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO
公式サイト:https://gaga.ne.jp/eiennibokunomono

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる