福山雅治は正義のヒーローになれるのか 『集団左遷!!』良心と保身の究極の選択を問う

福山雅治は正義のヒーローになれるのか 『集団左遷!!』良心と保身の究極の選択を問う

 日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系)第9話が6月16日に放送された。

 会社が大きな舵を切ったとき、選択を迫られるのは経営者だけではなく、社員もそれぞれの立場で影響を受ける。会社を存続させるために不正にさえ手を染めるべきかという問題は、社員一人ひとりにも良心と保身の究極の選択を突きつける。『集団左遷!!』第9話では、会社員として何を守るべきかがクローズアップされる回となった。

 日本橋支店をめぐる疑惑は、頭取の藤田(市村正親)が横山(三上博史)の関与を隠ぺいしたことで闇に葬られた。自身と対立する会長と副頭取を排除するために横山と取引した藤田だったが、横山の狙いは別のところにあった。外資系ネット通販ダイバーサーチとの提携。その背景には「先を読んで変わらなければ銀行は生き残れない」という横山の考えがあった。銀行を舞台とする『集団左遷!!』だが、現実でも、大手メガバンクでは大規模な人員削減や無人店舗の導入が推進されている。金融サービスといえども時代の変化を避けることはできない。問題はその方法である。

 日本橋支店にプールされていた裏金と別に存在するもうひとつの金のありかを巡って、第9話では熾烈な攻防が繰り広げられた。常務の隅田(別所哲也)とともに、横山から政治家へ渡った資金の証拠をつかむために奔走する片岡(福山雅治)。日本橋支店副支店長の真山(香川照之)をはじめ、なつかしの旧蒲田支店メンバーの再登場もあったが、特に横山のもとで支店統括部部長をつとめる梅原(尾美としのり)の良心の葛藤が丹念に描かれていた。梅原は横山による贈賄が記録されたメモ帳を鮫島(小手伸也)から託される。片岡の同期というだけで疑いの目を向けられる梅原にとって、いわば“踏み絵”を踏ませるような仕打ちであったが、そこで梅原がとった行動はドラマ全体のハイライトになった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ