福山雅治×石田ゆり子『マチネの終わりに』追加キャストに伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏ら

福山雅治×石田ゆり子『マチネの終わりに』追加キャストに伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏ら

 11月1日公開の映画『マチネの終わりに』の追加キャストが発表され、ポスタービジュアルも公開された。

 本作は、芥川賞を史上最年少で受賞した作家・平野啓一郎の累計発行部数30万部突破の同名小説を映画化したラブストーリー。東京・パリ・ニューヨークを舞台に、音楽家とジャーナリストの男女2人が、出会い、悩み、そして愛した6年間を描く。

 主演を務めたのは、福山雅治。天才ギタリストとして名を馳せるも、現状の演奏に満足ができずに自分の音楽を見失い、苦悩する蒔野聡史を演じる。そして、蒔野と惹かれ合うジャーナリスト・小峰洋子役には石田ゆり子。福山と石田はCMやバラエティ番組での共演はあるものの、俳優としては初共演となる。

 監督を務めたのは、『容疑者Xの献身』『昼顔』などの西谷弘。数々のドラマを手がけ、映画としては『昼顔』以来の脚本執筆となった井上由美子が脚本を担当した。

 今回、新キャストとして、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行の出演が発表。洋子の婚約者でニューヨークに住む経済学者、リチャード新藤役を伊勢谷、蒔野のマネージャー、三谷早苗役を桜井、祖父江の娘、祖父江奏役を木南、長崎に住む洋子の母、小峰信子役を風吹、蒔野を担当するジュピターレコードの社員、是永慶子役を板谷、蒔野の師匠であるギタリスト、祖父江誠一役を古谷がそれぞれ務める。さらに、音楽界から、世界が注目するクラシックギタリストの新星ティボー・ガルシアが若き天才ギタリスト役で出演する。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、それぞれ自分の人生を生きながらも、お互いを思い、その存在に励まされる、福山と石田の表情が切り取られている。

■公開情報
『マチネの終わりに』
11月1日(金)全国東宝系にてロードショー
出演:福山雅治、石田ゆり子、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行
監督:西谷弘
原作:平野啓一郎『マチネの終わりに』
脚本:井上由美子
音楽:菅野祐悟
クラシックギター監修:福田進一
製作:石原隆、畠中達郎、市川南、佐渡島庸平
エグゼクティブプロデューサー:臼井裕詞、千葉伸大
製作:フジテレビジョン、アミューズ、東宝、コルク
制作プロダクション:角川大映スタジオ
配給:東宝
(c)2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク
公式サイト:matinee-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ