中原丈雄から学ぶ、“魂”との向き合い方 『なつぞら』新たな出会いはなつに何をもたらす?

中原丈雄から学ぶ、“魂”との向き合い方 『なつぞら』新たな出会いはなつに何をもたらす?

 北乃きいと中原丈雄が、広瀬すず演じるなつを救う存在として初登場したNHKの連続テレビ小説『なつぞら』第7週の初日。

 先週の第6週では、泰樹(草刈正雄)との“家族”の意識の差異が、なつを苦しめた。

泰樹「なつ……わしは、お前と本当の家族になりたかっただけだ……」

なつ「それは……私を他人だと思ってるからでしょ!」

 初めて北海道に連れられて来た頃に比べ、高校生になったなつは、泰樹を「おじいちゃん」、剛男(藤木直人)を「お父さん」、富士子(松嶋菜々子)を「お母さん」、照男(清原翔)を「照男兄ちゃん」と自然に呼んでいる。泰樹の言葉は、東京に心が動いているなつを引き止めたい気持ちが、こうして口に出てしまっただけだったとも思えるし、口に出てしまった言葉というのは、本心で思っていたことなのかもしれない。

 約束していた天陽(吉沢亮)のところに向かうためになつは外に出るが、泰樹からの言葉を思い出し、涙が止まらない。次第に雪の上に座り込み目を閉じて遭難しかけたなつだったが、次に目を覚ました時には、狩猟生活を思わせる動物の毛皮や猟銃、木彫りの熊や彫刻が飾られた室内にいた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる