中原丈雄から学ぶ、“魂”との向き合い方 『なつぞら』新たな出会いはなつに何をもたらす?

中原丈雄から学ぶ、“魂”との向き合い方 『なつぞら』新たな出会いはなつに何をもたらす?

 なつにとっては初対面なはずの阿川弥市郎(中原丈雄)と砂良(北乃きい)だったが、倉田先生(柄本佑)が2人の元に話を聞きによく来ており、なつの演劇の芝居も誘われて見に行ったそう。弥市郎と砂良も元は東京に住んでいたが、空襲で砂良の母親を失くし、北海道に来た。

 なつは「怒りや悲しみはどうしたら消えるんですか」と弥市郎に問うと、「自分の魂と向き合うしかないべな。消さずにそれを込めるんだ」と助言を受ける。その話を聞いたなつはすっかり晴れ晴れしい顔つきをしていた。

 なつは、昨夜まで泣き腫らしていた大きな悲しみと、どう向き合っていくのか。泰樹と関係性の変化も描かれていくだろう。

(文=大和田茉椰)

■放送情報
連続テレビ小説『なつぞら』
4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人/岡田将生、吉沢亮/安田顕、音尾琢真/小林綾子、高畑淳子、草刈正雄ほか
制作統括:磯智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中正、渡辺哲也ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる