>  >  > 『いだてん』杉咲花の走りに見た先駆者の輝き

『いだてん』杉咲花の走りに見た先駆者の輝き 和装からチュニックへ、女子体育の第1歩

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK総合)第18回「愛の夢」では、女子体育の出発点にスポットライトが当たった。

 女子体育の先駆けとなる人物がシマ(杉咲花)だ。シマは三島家の女中として登場し、弥彦(生田斗真)と四三(中村勘九郎)の姿を見て、スポーツの魅力に引き込まれていく。第18回でシマは、早朝の街中にひっそりと現れる。着物の裾をたくし上げ、その足には足袋。静かに息を吐くと、前を見据えて走り出すシマ。杉咲の表情は、走り出すその瞬間まで緊張感が滲んでいた。しかし走り出した瞬間、目が輝く。当時は女性が走ること自体「はしたない」と思われていたに違いない。裾をたくし上げて走る姿を人に見られ、恥ずかしそうな表情を浮かべるシマ。だが、走る足どりが軽快になるにつれて、シマは清々しい笑顔を浮かべ始める。杉咲は、スポーツに心から魅了されているシマを演じる。恥じらいが清々しさへと変わる瞬間はとても魅力的だった。

 シマは走りながら、「日本もいずれ西洋のように、女子のスポーツが盛んになるかもしれん。世の中が変わればな」という弥彦の言葉を思い出す。同時に、ミルクホールで嘉納治五郎(役所広司)に言われた「君たちはいずれ健やかな子供を産まないといかん。無理したら壊れるぞ」という言葉も。走り続けるシマは苦しそうだ。苦しそうな杉咲の表情は、「走り続ける」苦しさだけでなく「女子体育に立ちはだかる障壁」をも表しているようだった。

 そんなシマが劇中最も輝いていたシーンは、帯を投げ捨てて走り出す瞬間だ。帯をしていると、腹を締め付けられて深い呼吸ができない。和装は走るのに向いていないのだ。それでもシマは夢中になって走り続ける。息が苦しくなったシマは地面にしゃがみ込み、思い立ったように帯を解いて投げ捨てた。帯から解放されて走り出す瞬間、「パンッ」というピストル音が鳴った。この演出はまさに、女子体育の出発点を表している。帯を解き、がむしゃらに走るシマの姿は美しい。走り出した杉咲の真剣な目つきは、女子体育の先駆者として凛と輝いていた。

      

「『いだてん』杉咲花の走りに見た先駆者の輝き 和装からチュニックへ、女子体育の第1歩」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版