>  >  > 『ベン・イズ・バック』本編映像

ジュリア・ロバーツの鋭い眼差しとルーカス・ヘッジズの静の演技 『ベン・イズ・バック』本編映像

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月24日に全国ロードショーされる『ベン・イズ・バック』の本編映像が公開された。

 本作は、アカデミー賞主演女優賞受賞のジュリア・ロバーツ主演、アカデミー賞助演男優賞ノミネートのルーカス・ヘッジズが共演し、第13回ローマ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した人間ドラマ。息子を全力で守ろうとする母の決して諦めない愛と、家族の絆をサスペンスフルに描く。

『ベン・イズ・バック』本編映像(母の覚悟を見せつけるジュリア・ロバーツ)

 今回されたのは、息子のために覚悟を決める母ホリーを演じたロバーツの鋭い眼差しと、まったく引けを取らず見事に渡り合う息子役・ヘッジズの静かな演技が光る本編映像。クリスマス・イヴの朝、母ホリー(ジュリア・ロバーツ)がドラッグ依存症の療養施設から突然帰宅した息子のベン(ルーカス・ヘッジズ)に対し、家族と過ごす特別条件を物凄い剣幕で告げるワンシーンだ。妹アイヴィー(キャスリン・ニュートン)の不安そうな表情も見える中、帰宅を快く受け入れられずに悩む継父ニール(コートニー・B・ヴァンス)との話し合いの末、ホリーは「交渉の余地はなしよ。1日許可する。ルールがイヤでも従ってもらう、私の見える範囲にいて。これから24時間あなたを私の支配下に置く!」と息子を愛し信じるが故の宣告をする。

 本作のメガホンを取ったのは、ルーカスの実の父であり、『ギルバート・グレイプ』の原作・脚本でも知られるピーター・ヘッジズ。自身のキャリアの中でも、本作でロバーツが演じたホリー・バーンズという母親像をとても誇らしく思っているそうで、「ホリー・バーンズという人物を思いついた時、それまでに想像した誰よりも複雑で完全で、熱い母親だった。彼女はどんな時も悪意から行動しない。彼女の選択は常に子供たちを守り、何かを与えられる存在でいたいと切に願う気持ちから生まれている。ジュリアは、何があろうとわが子を見捨てない母親であるホリーと、強く心を通じ合わせていた」と熱弁。そして、「この映画には感情が詰まっているので、どこで軽さを入れるか、どこでひと息つかせるかということが課題になった。ジュリアもルーカスも、どこで感情を爆発させるか、どこで抑えるかということを、実にうまく直感的に切り替えていたんだ」と、ロバーツとヘッジズが見事な感性を見せたことへの喜びを明かした。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ベン・イズ・バック』
5月24日(金)TOHOシネマズ シャンテほ 全国ロードショー
監督・製作・脚本:ピーター・ヘッジズ
出演:ジュリア・ロバーツ、ルーカス・ヘッジズ、キャスリン・ニュートン、コートニー・B・ヴァンス
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、東宝東和、テレビ東京
配給:東和ピクチャーズ
(c)2018- BBP WEST BIB, LLC
公式サイト:benisback.jp

「ジュリア・ロバーツの鋭い眼差しとルーカス・ヘッジズの静の演技 『ベン・イズ・バック』本編映像」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版