>  >  > 『ベン・イズ・バック』予告編&ポスター

ジュリア・ロバーツ、息子を愛する母役に 『ベン・イズ・バック』予告編&ポスター公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第13回ローマ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した『ベン・イズ・バック』の公開日が5月24日に決定。日本版予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、クリスマスイブの朝にドラッグ依存症の療養施設から突如帰ってきた息子のベンと、愛するが故に息子を信じ続ける母・ホリーの愛情、そしてベンの帰宅によって、思わぬ試練が降りかかる家族の絆をサスペンスフルに描いた人間ドラマ。

 母親ホリーを演じるのは、『プリティ・ウーマン』『ワンダー 君は太陽』などのジュリア・ロバーツ。そして、鎮痛剤の過剰投与で不運にも依存症に陥ってしまう息子ベンを、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズが演じる。さらに、突然帰ってきた兄を案じながらも疑う妹アイヴィー役には、『名探偵ピカチュウ』のキャサリン・ニュートン、継父ニール役には『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』のコートニー・B・ヴァンスが名を連ねた。

 ベンを演じるルーカス・ヘッジズの実の父であり、『アバウト・ア・ボーイ』で第75回アカデミー賞脚本賞にノミネートされた、『ギルバート・グレイプ』のピーター・ヘッジズが監督・脚本を務めた。

 公開されたポスタービジュアルは、真剣な表情のホリーにすがるように抱き着くベンの姿を捉えたもの。「救えるとしたら、私しかいない」というキャッチコピーと、息子を全力で守ろうとする母ホリーの決死の覚悟が切り取られている。

『ベン・イズ・バック』予告編

 予告編は、クリスマスイブの朝、ケガの治療のための鎮痛剤の過剰投与でドラッグ依存症に陥ってしまった息子のベンが療養施設から突然帰宅し、母のホリーが抱きしめる再会シーンから始まる。ベンの帰宅を喜びつつも、不安が拭い切れないのかホリーはこっそり家中の薬を隠し、妹のアイヴィーと継父もベンが再び問題を起こすのではないかと懐疑的な様子。幸せな時間を取り戻そうとするベンだったが、過去の過ちの報いが忍びより、彼を放っておいてはくれない。自らが家族を危険に晒していると思い悩み、家族の前から姿を消してしまう。

 ホリーを演じたロバーツは、「大変な役だったから色々なことを考えないようにしていたように思う。大人になった子を持つ母親役は新鮮だったの。自分の意見を持っていて、親とは別の生活がある。(家族を演じた俳優たちと)時間を経ても誤魔化しなくお互いを大好きでいられるのは、それだけ全てをこの作品に込めた証ね」とコメントした。

■公開情報
『ベン・イズ・バック』
5月24日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督・製作・脚本:ピーター・ヘッジズ
出演:ジュリア・ロバーツ、ルーカス・ヘッジズ、キャスリン・ニュートン、コートニー・B・ヴァンス 
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、東宝東和、テレビ東京
配給:東和ピクチャーズ
(c)2018- BBP WEST BIB, LLC
公式サイト:benisback.jp
公式Twitter:@Benisback_JP

「ジュリア・ロバーツ、息子を愛する母役に 『ベン・イズ・バック』予告編&ポスター公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版