『シャザム!』はジュブナイル物の魅力が満載! 今後のDC映画づくりに与えたヒントとは

杉山すぴ豊が語る『シャザム!』

 映画『シャザム!』の世界観は、他にもヒーローがいるという世界です。ゆるく『ジャスティス・リーグ』等の世界とつながっています。従ってこの先、シャザムと他のDCヒーローが共演する、もし『ジャスティス・リーグ』の新作が作られるとすればシャザムが参加するかもしれません。またトム・ホランド演じるスパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に若者視点を持ち込んだように、シャザムことビリーくんの目でDCヒーローたちが(特にバットマンが)どう描かれるか興味のあるところです。大成功をおさめた『シャザム!』ですから当然続編が作られるでしょう。続編に登場するヴィランのヒントは本作のクレジット・シーンの間に出てきます。一方原作コミックでは、シャザムにはブラック・アダムというライバルがいます。ドウェイン・ジョンソン出演で、ブラック・アダムの映画も企画中でいずれは両者が激突か? このブラック・アダムの存在は『シャザム!』本編中にも語られています。

 最後にトリビアを。原作コミックではシャザムにはトーキー・トーニーという虎人間とでもいうべき仲間がいます。映画ではビリーが虎好きという設定で描かれています。だからストリート・パフォーマンスをする時に「アイ・オブ・ザ・タイガー」の替え歌を歌っているのですね(笑)。

■杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)
アメキャラ系ライターの肩書でアメコミ映画に関するコラム等を『スクリーン』誌、『DVD&動画配信でーた』誌、劇場パンフレット等で担当。サンディエゴ・コミコンにも毎夏参加。現地から日本のニュース・サイトへのレポートも手掛ける。東京コミコンにてスタン・リーが登壇したスパイダーマンのステージのMCもつとめた。エマ・ストーンに「あなた日本のスパイダーマンね」と言われたことが自慢。現在発売中の「アメコミ・フロント・ライン」の執筆にも参加。Twitter

■公開情報
『シャザム!』
全国公開中
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
出演:ザッカリー・リーヴァイ、アッシャー・エンジェル、ジャック・ディラン・グレイザー、マーク・ストロング
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
公式サイト:http://shazam-movie.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「作品評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる