>  > 福島白河発『ライズ ダルライザー』がアツい

福島県白河市から全国の映画館へ 夢破れた男の濃密な人間ドラマ『ライズ ダルライザー』がアツい!

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福島県白河市には、長らく映画館がなかったという。大型のシネコンが流行し、「街の映画館」が消えていく時代。白河市もその例外ではなかったのだろう。そんな環境において、2017年、1日や2日の特別上映ではなく、通常のロードショーのように一定期間上映され、市民の歓迎を受けた映画がある。白河市を舞台とした、いわゆる「ご当地ヒーロー」の映画化、『ライズ ダルライザー THE MOVIE』だ。上映は、市内の新白信イベントホールを使用することで実現し、その後、シネマナナハチという期間限定の映画館を誕生させるにまで至った。

 同作は、2019年に『ライズ ダルライザー ‐NEW EDITION-』と装いも新たに、池袋シネマ・ロサ他で上映。その期待値を上回るクオリティは口コミで広がり、2019年4月現在、関西や中国・四国地方での順次公開が決定している。福島県白河市から、全国の映画館へ。ダルライザーのひたむきな熱さが着実に伝播してきている。

 前述のとおり、ダルライザーとは、福島県白河市の「ご当地ヒーロー」である。市の名産である「白河だるま」がモチーフとなっており、赤と白のスーツ、そして黒いサングラスが特徴だ。しかし、だるまモチーフの最大の効果は、そのデザインではない。何度倒れても起き上がる。そんなだるまの特性を踏まえた「不屈の一般市民」として、市民に愛されているのだ。映画のタイトル「ライズ」は、「起き上がる」の意。まさにダルライザーの根幹を表したワードである。

 本作は、ジャンルとしては「ご当地ヒーローもの」に分類されるが、実のところ、「ヒーロー譚」や「町興しエピソード」といった性質の作品ではない。夢破れた男の、濃密な「人間ドラマ」として仕上がっている。

 東京で俳優になる夢を追っていた主人公・アキヒロは、妻の妊娠をきっかけに、地元・白河市へ戻ることとなる。取り急ぎの職を見つけ、毎日を過ごす中、市のキャラクターコンテストの開催を知り、だるまのヒーロー・ダルライザーを考案。手作りのスーツとメットを被り、街やイベントでの活躍を重ねていく。ダルライザーはひょんなことから市民にその名が知れ渡るが、一方で、街では謎の組織・ダイスによる次世代デバイスを用いた計画が進行ししていた。俳優の夢を諦め、それでも、妻と生まれる子のために奮闘するアキヒロ。夢の中で語りかけてくる謎の女性の声を頼りに、ダルライザーは、ダイスの陰謀に立ち向かうのであった。

 このストーリーからも分かるように、ダルライザーは、言ってしまえば「お手製のスーツを着たただの一般市民」である。よって、必殺技もなければ、派手なエフェクトによる攻撃もない。派手な爆破も、強力な武器もない。一般的な「特撮ヒーロー」の観点で語ってしまうと、絵的な寂しさを感じざるを得ないだろう。

「福島県白河市から全国の映画館へ 夢破れた男の濃密な人間ドラマ『ライズ ダルライザー』がアツい!」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版