>  >  > 『キングダム』初登場2位の好スタート

宇野維正の興行ランキング一刀両断!

『キングダム』2位の好スタート 『コナン』『アベンジャーズ』の一騎打ちに「待った」をかける

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週末の映画動員ランキングは『名探偵コナン 紺青の拳』が土日2日間で、動員67万8000人、興収8億8600万円をあげて2週連続の1位。初日から10日間の累計では動員275万人、興収35億円を突破。これは、同期間において動員247万5900人、興収32億3312万円を記録した前作『ゼロの執行人』を依然上回るペース。もっとも、日本映画ではライバル不在だった昨年と違って、今年は10〜20代のメインとなる観客層が重なる作品が現れた。先週末の動員ランキングで2位に初登場した『キングダム』だ。

 『キングダム』は先週末の土日2日間で動員38万2000人、興収5億2600万円、初日からの3日間では動員50万7000人、興収6億9000万円を記録。これは、コミックの実写化日本映画としては、昨年8月に公開された『銀魂2 掟は破るためにこそある』(公開週土日2日間で動員38万5000人、興収5億2800万円)以来となる好成績。近年、この水準の初動成績を記録したコミック実写化作品となると、2017年7月に公開された同じく『銀魂』(公開週土日2日間で動員39万3000人、興収5億4100万円)まで遡らなくてはいけない。つまり、続編以外では約2年ぶりとなる、久々のコミック実写化日本映画の大ヒット作が生まれたことになる。

 まだ『キングダム』の続編が正式に発表されていない段階にもかかわらず、ここで「続編」の話を持ち出すのは他でもない。主演の山崎賢人にとって、今作『キングダム』は、続編製作が想定されていながら、最終興収が10億円にも届かなかったことで、その後の展開が頓挫してしまった2年前の主演作『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の汚名返上作となったからだ。

 もちろん、映画の興収を決定づける要素は主演俳優だけではない。しかし、今回『キングダム』プロモーション中におこなわれた日本外国特派員協会会見において佐藤信介監督が山崎賢人を起用した理由を訊かれて、「山崎賢人が出演することは僕のチョイスではなく、プロデューサーが決定していたこと。『山崎賢人をこれでやる』というプロジェクトだった」と明かしたように、映画の興収の責任は主演俳優にあるわけではないが、ある程度の規模を超えた映画の企画はまず主演の俳優を押さえるところから始まるというのが、日本の映画界、芸能界における慣習となっている。

      

「『キングダム』2位の好スタート 『コナン』『アベンジャーズ』の一騎打ちに「待った」をかける」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版