『さよなら、退屈なレオニー』予告編&場面写真 17歳少女がミュージシャンと出会いギターを習う

『さよなら、退屈なレオニー』予告編&場面写真 17歳少女がミュージシャンと出会いギターを習う

 6月15日より新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショーされる映画 『さよなら、退屈なレオニー』より、予告編と場面写真が公開された。

 2018年にカナダでスマッシュヒットを記録した本作は、自分がやりたいことも自分の居場所もみつからない、カナダの小さな街に住む17歳の少女・レオニーの物語。

 前作『The Dismantling(原題)』が、カンヌ国際映画祭SACD賞や、トロント国際映画祭国際映画批評家連盟賞を受賞するなど、カナダ映画界の新世代として注目を集めるセバスチャン・ピロットがメガホンを取った。ヒロインのレオニーを演じるカレル・トレンブレイは、2015年のトロント映画祭で「未来を担うひとり」に選ばれ、第31回東京国際映画祭でジェムストーン賞を受賞。さらに、アーケイド・ファイアやRUSHなど、カナダを代表する人気バンドらの曲が劇中を彩り、今の世の中に居場所が見つけられない若者たち、そして大人たちにささやかな勇気を与えてくれる青春映画となっている。

『さよなら、退屈なレオニー』予告編

 公開された予告編では、17歳のレオニーが母親の再婚相手に苛立つ様子とともに、街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーブと出会うシーンや、レオニーがギターを購入する場面が描かれている。

 あわせて公開された場面写真では、レオニーがギターを弾く様子や、スティーブと連れ添って歩く姿が切り取られている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『さよなら、退屈なレオニー』
6月15日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
監督:セバスチャン・ピロット
出演:カレル・トレンブレイ/ピエール=リュック・ブリラント
配給:ブロードメディア・スタジオ
2018年/カナダ/英題:The Fireflies Are Gone/96分/ビスタ
(c)CORPORATION ACPAV INC. 2018
公式サイト:http://sayonara-leonie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる