山下美月×萩原利久『電影少女 2019』ポスター&予告編公開 桂正和描き下ろしの衣装デザインも

山下美月×萩原利久『電影少女 2019』ポスター&予告編公開 桂正和描き下ろしの衣装デザインも

 4月11日よりテレビ東京系にて放送がスタートする、木ドラ25『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』のポスタービジュアルと予告編が公開された。

 原作は、『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた作家・桂正和の代表作『電影少女』。昨年1月期に当時乃木坂46の絶対的なエースだった西野七瀬主演で連続ドラマ化され話題となった。新シリーズとなる本作は、前作から一転し、“悪のビデオガール・神尾マイ”と、彼女によって道を踏み外していく少年の物語。ビデオを再生した主人の望みを叶えるべく、その命令に忠実に従うマイが、その悪女的な魅力で人々を魅了し翻弄していく模様を描く。

 乃木坂46の山下美月と萩原利久がW主演を務めるほか、武田玲奈、黒木ひかり、新條由芽、大下ヒロト、久保田康祐、柾木玲弥、桃月なしこ、甲斐翔真、三浦誠己、森岡龍、小松和重、岡田義徳、戸次重幸らが出演する。

木ドラ25『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』予告編

 公開されたポスタービジュアルでは、山下演じるビデオガール・マイと、萩原演じる叶野健人が制服姿で正面を見つめる様子が切り取られている。一方の予告編では、ビデオガール・マイの出現によって男たちが狂っていく模様が確認できる。

 さらに、原作の桂自ら描き下ろしたビデオガール・マイの衣装デザインも公開された。

原作・桂正和 コメント

原作のまいの衣装は、普通な服と、コートを羽織った、アクティブな服の二通りあるのですが、実写ドラマ用に、混ぜあわせて一つにまとめてデザインしました。漫画ではまいの登場時、服を行動とギャップが出るよう清楚にデザインしたんですが、ドラマ版では、上着の袖にレースを使用し、シースルーにすることで セクシーさも出るよう工夫しました。上着と一体感のあるコートもポイントです。 漫画のイメージを損なわず、アレンジできたのではないかと思っています。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■放送情報
木ドラ25『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』
テレビ東京系にて、4月11日(木)スタート 毎週木曜深夜1:00~1:30放送
BSテレ東にて、4月16日(火)スタート 毎週火曜深夜0:00~0:30放送
原作:桂正和『電影少女』<集英社文庫(コミック版)>
出演:山下美月(乃木坂46)、萩原利久、武田玲奈、黒木ひかり、新條由芽、大下ヒロト、久保田康祐、柾木玲弥、桃月なしこ、甲斐翔真、三浦誠己、森岡龍、小松和重、岡田義徳、戸次重幸
脚本:喜安浩平、山田能龍、高野水登
総監督:関和亮
監督:真壁幸紀、湯浅弘章、山岸聖太、川井隼人
チーフプロデューサー:大和健太郎(テレビ東京)
プロデューサー:五箇公貴(テレビ東京)、倉地雄大(テレビ東京)、巣立恭平(ROBOT)
制作:テレビ東京、ROBOT
製作著作:『電影少女 2019』製作委員会
(c)『電影少女 2019』製作委員会 (c)桂正和/集英社
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/videogirl2019/
公式Twitter :@videogirl2019

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる