>  >  > 『白い巨塔』に松山ケンイチ&寺尾聰が出演

岡田准一主演『白い巨塔』松山ケンイチが同期のライバル、寺尾聰が熾烈な権力争いの相手に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ朝日系にて5夜連続で放送される岡田准一主演ドラマ『白い巨塔』に、松山ケンイチと寺尾聰が出演することが決定した。

 これまで幾度となく映像化されている作家・山崎豊子のベストセラー小説をドラマ化する本作は、テレビ朝日が開局60周年を迎える2019年に5夜連続の超大型スペシャルドラマとして放送される。

 主演を務める岡田が演じるのは、浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎。逞しい体と精悍な顔つき、加えて気さくな人柄は医学部の学生たちからも慕われており、外科医としても“腹腔鏡のスペシャリスト”として医学界にその名を轟かせる。貧しい母子家庭に育ち、たゆまぬ努力で今日の成功を勝ち取った財前は、野心に溢れ、自らの才能には絶対的な自信を持つ。自身と、義父の悲願である“第一外科・教授”の座に向かい、なりふり構わず邁進していくが、その姿勢と傲慢とも言える性格には反感を抱いている者も少なくない。

 そんな財前の同期であり、対極にいる内科医・里見脩二役を演じるのが松山。教授の座を射止めるため野心を燃やす財前とは対極に、里見は出世には関心がなく、患者を診ることと自身の研究だけに心血を注ぐ。医学者としての道を追究しようとする里見と、金と権力に魅入られた財前の対比は、今回の『白い巨塔』の見どころのひとつとなる。

 また、財前が師と仰ぎ、やがて対立していくことになる第一外科教授・東貞蔵役を、寺尾が演じる。みずからの定年退官を前に、後継者選びを開始する中、「本当に自分の後継者は財前でいいのだろうか」という疑念を抱き始める東。医師としての確かな腕と学生たちからの人望に問題はないものの、その傲慢すぎるとも言える言動と野心に満ちた性格の財前には敵も少なくなく、退官後も自分の立場を盤石なものにするためには、来る教授選で財前ではない候補者を立てることも必要なのではないかと考えるのだ。そんな東の動きを察知した財前は、やがて対立を深めていくことになる。

コメント一覧

岡田准一(財前五郎役)

里見と財前は、医師として互いに認め合ってはいるけれど、全く対極にいる2人。現場でもあえて距離感を詰めないようにしているんですが、そうした中で松山さんは常に里見としてしっかりと現場に立たれていて、安心感があります。こちらがガンガン攻めても、揺るぎなく真っ直ぐな目線で芝居をされる。胸に刺さるお芝居をされる方です。

寺尾さんとは、じっくりと対峙しながらお芝居をしている感覚があります。東先生と財前は師と弟子であり、親子のようでもあり…。反発しているけれど、どこか甘えている部分もある、という愛憎の探り合いを感じます。寺尾さんとは芝居を通して、たくさん会話させていただきました。

物語の後半になるにつれて、財前が追い込まれていくので、撮影も苦しくなることが多くなりました。

セリフを覚えたはずなのに、財前が不安だから自分も不安になって、芝居に自信がなくなってくるということもあり、終盤は戦いの連続でした。これまでに財前を演じられてきた歴代の方々も苦しまれたんじゃないでしょうか。僕も最後まで悩みつつ、皆さんに喜んでいただけるようなお芝居ができたらと思っています。

原作と過去の作品をリスペクトしながらも全く別のものを作っている感覚があるので、皆さんにはまた新しい現代の『白い巨塔』を楽しんでもらえると思います。期待していただけたらうれしいです。

松山ケンイチ(里見脩二役)

大学病院には、患者のためを思っている人もいれば、自分のために生きている人もいる。この作品は大学病院を舞台にした物語ではありますが、そこにいる人間の“それぞれの生き方”がぶつかっていく物語なのかなとも思いました。大学病院を通して人間という生き物を観察しているような感覚です。

僕が演じる里見は、医者の良心のようなキャラクター。本作で描かれる大学病院が考えがちな、“医者と患者の上下関係”とは少し抜け出したところから患者を見ている人です。

里見とは両極端な立場にいる財前を演じる岡田准一さんはとてもパワフルな演技をされる方で、「岡田さんがこう来るなら、僕もこうしよう」というふうに組み立てられていったので、より対比がある2人になっているのではないかと思います。

寺尾聰さんは昔のお話やこれまでに経験されてきたことをたくさんお話してくださって、それこそ東先生と里見のように、僕にとっても寺尾さんは先生のような存在。すごく勉強になり、貴重な時間でした。

岡田さんと僕の演技の幅が広ければ広いほど、よりいろいろな世界が見られる物語になるのではないかと思うので、そこを意識して演じました。

寺尾聰(東貞蔵役)

今回、鶴橋監督と初めて仕事をご一緒するので楽しみにしていました。

そして何より、岡田准一くんと松山ケンイチくんという魅力的な2人が、この『白い巨塔』を描いてくれるということが出演の決め手でした。

岡田くんとは大河ドラマ『軍師官兵衛』という作品で向かい合ったことがあるので、真っ直ぐな俳優さんだと分かっていましたし、松山くんとは初めてですが、彼の出演したいろいろな作品を通してある種の“太さ”を感じていました。

日本のテレビ・映画界の中心になっているこの2人が、一体どうぶつかり合うのか…、そしてこの2人の間に自分がどういられるのか楽しみでした。

テレビ朝日・船津浩一プロデューサー

山崎豊子の描く「白い巨塔」には個性豊かな人物が多く登場しますが、財前が大学病院でその野望を果たしていく過程において、特に深く関わってくる人物が二人います。

その一人が医師として財前と対照的な生き方を選ぶ里見脩二。もう一人は教え子である財前と教授選という熾烈な権力争いをすることになる東教授です。

今回、この重要な役に松山ケンイチさんと寺尾聰さんを迎えられたことは大変な喜びであります。

野望、医師としての良心、渦巻く嫉妬…。大学病院という封建的な人間関係が残る特殊な世界で繰り広げられる強烈な人間ドラマ。

名優たちによる熱い競演にどうかご期待ください。

■放送情報
テレビ朝日開局60周年記念『白い巨塔』
テレビ朝日系にて、2019年に5夜連続で放送
出演:岡田准一、松山ケンイチ、寺尾聡
原作:山崎豊子『白い巨塔』(新潮文庫刊)
企画協力:一般社団法人山崎豊子著作権管理法人、野上孝子、新潮社
脚本:羽原大介、本村拓哉、小円真
音楽:兼松衆
監督:鶴橋康夫、常廣丈太(テレビ朝日)
チーフプロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:船津浩一(テレビ朝日)、秦祐子(ロボット)
制作協力:ロボット
制作著作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日

「岡田准一主演『白い巨塔』松山ケンイチが同期のライバル、寺尾聰が熾烈な権力争いの相手に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版