>  >  > 『バイス』特報&メインビジュアル公開

大統領のS・ロックウェルが、C・ベールを副大統領に誘う 『バイス』特報公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月5日公開の映画『バイス』のメインビジュアルと特報映像が公開された。

 本作は、ワイオミングの田舎の電気工から“事実上の大統領”に上り詰め、アメリカを自在に支配し、アメリカ史上最も権力を持ったチェイニー副大統領の姿の、前代未聞の裏側を描いた社会派エンターテインメント。クリスチャン・ベール、アダム・マッケイ監督、ブラッド・ピット製作の『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チームが再集結した。

 ベールは、ディック・チェイニーの20代から70代までを、体重を約20キロ激増して演じ、ゴールデングローブ賞では、主演男優賞を受賞した。第91回アカデミー賞では、俳優部門を総ナメし8部門(作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞:サム・ロックウェル、助演女優賞:エイミー・アダムス、編集賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞)にノミネートされた。

 メインビジュアルは、もはや識別不能なほど激変したベールが好物である食べかけのドーナツを手に不敵な笑みを浮かべている。原題となる『VICE』のロゴの中には、チェイニーの妻、リン・チェイニー(エイミー・アダムス)、ラムズフェルド国防長官(スティーヴ・カレル)、ブッシュ大統領(サム・ロックウェル)、そしてパウエル国務長官(タイラー・ペリー)が顔を並べる。

『バイス』特報

 映像では、チェイニーが、ブッシュ大統領に「俺の副大統領になれ」と言われるシーンから始まる。「その職に興味はないが、君となら上手くやれそうだ。雑用は任せろ。内政も軍事もエネルギーも外交も」と、アメリカを自在に支配すべく約束をとりつける。そんな悪だくみに気づいているのかいないのか「頼むよ」と軽く流すブッシュ大統領の姿も映し出される。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『バイス』
4月5日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー
監督・脚本:アダム・マッケイ
出演:クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーヴ・カレル、サム・ロックウェル
2018年/アメリカ/英語/132分/シネマスコープ/5.1ch/カラー/原題:VICE/日本語字幕:石田泰子/字幕監修:渡辺将人
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
(c)2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
公式サイト:http://longride.jp/vice/

「大統領のS・ロックウェルが、C・ベールを副大統領に誘う 『バイス』特報公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版