加藤シゲアキ、異色の金田一耕助となるか 平成最後の『犬神家の一族』への期待

加藤シゲアキ、異色の金田一耕助となるか 平成最後の『犬神家の一族』への期待

 そんな名だたる俳優陣が演じた金田一耕助に大抜擢された加藤。予告編を見る限り、近作『ゼロ 一攫千金ゲーム』(日本テレビ系)で演じた宇海零のような、純朴で正義感の強い青年といった印象を抱く。しかし歴代の金田一耕助のように、ボサボサの髪、ヨレヨレの服といった外見の特徴はしっかりと踏襲されており、少し肌の汚れた印象のある加藤の姿には思わずワクワクしてしまう。原作で評される金田一耕助は、スズメの巣のようなボサボサの蓬髪と人懐っこい笑顔が特徴だと言われている。人懐っこい笑顔という特徴に対しては、歴代の金田一役者たちと比べても、加藤は一際ハマり役なのではないだろうか。“ポンコツさ”と“鋭さ”、相反するものを持つのが金田一の特徴なだけに、加藤がそのギャップをどう生み出せるか注目だ。

 また、犬神家で互いに対立し合う三姉妹を演じる女優陣にも注目したい。長女・松子を演じる黒木瞳、次女・竹子を演じる松田美由紀、三女・梅子を演じるりょう。いかなる時も凛とした姿勢を崩さない松子、喜怒哀楽をストレートに表現する性格の竹子、歳は若いがもっとも狡猾に遺産を狙う梅子、三姉妹それぞれに特徴的な性格がある。その特徴を体現でき、美しい三姉妹からそれぞれの凄みを感じさせる女優陣が揃ったことで、犬神家の遺産相続をめぐる怨憎劇のスリリングさを、放送開始前から感じとることができる。公式サイトにて、松子演じる黒木は「松子にとって、息子への愛情はとても純粋なものです。純粋だからこその狂気に挑戦します」とコメントしている。

 クリスマスイブという聖なる夜に、凄惨な事件を描く『犬神家の一族』が放映されることはなんともユニークだが、それだけ今作が”ジャパニーズホラーミステリー”を代表する屈指の名作だということだろう。

■片山香帆
1991年生まれ。東京都在住のライター兼絵描き。映画含む芸術が死ぬほど好き。大学時代は演劇に明け暮れていた。

■放送情報
スペシャルドラマ『犬神家の一族』
12月24日(月・祝)21:30~23:33
出演:加藤シゲアキ、賀来賢人、高梨臨、薮宏太(Hey! Say! JUMP)、品川徹、笠原秀幸、安藤 聖、田鍋謙一郎、少路勇介、坂口涼太郎、松田美由紀、りょう、梶原 善、佐戸井けん太、大倉孝二、小野武彦、梶芽衣子、板尾創路、生瀬勝久、里見浩太朗(特別出演)、黒木瞳ほか
脚本:根本ノンジ
演出:澤田鎌作
プロデュース:金城綾香
制作著作:フジテレビジョン
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/inugamike/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる