>  >  > 加藤シゲアキ、作家・役者としてさらに活躍へ

加藤シゲアキ、“表情のない”演技がなぜハマった? 『ゼロ 一獲千金ゲーム』で見せたひたむきさ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレビ7月期日曜ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』が9月16日に最終回を迎えた。勝てば賞金1000億円、負ければ死が待つ命懸けのサバイバルゲームに挑む若者たちの姿が描かれた。主人公の義賊・宇海零を演じたのは、ゴールデン・プライム帯のドラマ初主演を果たした加藤シゲアキだ。

 加藤は男性アイドルグループ・NEWSのメンバーだ。2012年には小説『ピンクとグレー』を発表し、以後、小説家としての活動も目覚しい。ドラマ出演・主演自体は初めてではなく、『時をかける少女』(日本テレビ系)、『嫌われる勇気』(フジテレビ系)などに出演経験がある。今作では、原作とは違うストーリー展開やキャラクター設定に視聴者が戸惑うことも多かっただろう。しかし自身の役にひたむきに向きあった加藤の姿に改めて注目したい。

 今作の原作は、『カイジ』『アカギ』などでおなじみの福本伸行の人気コミック『賭博覇王伝 零』。原作では、零が義賊であるということ以外の素性は明かされず、人の心に働きかけるときの「ニコッ」という笑顔が、得体の知れない“天才勝負師”としての雰囲気を醸し出していた。原作では、堂々とした態度でギャンブルゲームに隠された答えを解き明かしていく零。他のゲーム参加者はそんな零に対し、徐々に心酔していく。

 一方ドラマ版の零は、普段はうだつのあがらない塾講師として働いている。現代社会に生きる弱者を助けるという優しさが強調され、得体の知れなさはあまり感じられない。そのためか、ドラマ開始直後は原作と比べて零の印象が薄いように感じられた。原作のような零の清々しい謎解きを楽しみにしていた視聴者にとっては、ゲーム参加者の命を守ることを最優先で考える加藤の演技に違和感があったかもしれない。

 しかし加藤は、ドラマ版の零に込められた設定を貫き通した。「自分が勝つことよりも他人が負けないことを選ぶ」という設定が、第1話から最終話までブレたことは一度もない。それは加藤が「表向きは塾講師」「現代社会に生きる弱者を守ろうとする義賊」という設定を大切にし続けてきたからではないだろうか。

      

「加藤シゲアキ、“表情のない”演技がなぜハマった? 『ゼロ 一獲千金ゲーム』で見せたひたむきさ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版