>  >  > 『中学聖日記』聖と晶に新たな恋人?

有村架純、岡田健史に新たな恋人? 『中学聖日記』過去を忘れるための恋を描く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月13日に放送された『中学聖日記』(TBS系)第6話は、聖(有村架純)が教え子・晶(岡田健史)、婚約者・勝太郎(町田啓太)と別れた3年後の2018年が舞台となった。聖たちが、どのように過ごしているのか楽しみにしていた視聴者も多いだろう。

 聖は、子星中学校を去り、教育実習生時代の指導担当・千鶴(友近)が働いている小学校で教師を続けていた。一方、晶は聖と別れて以来、中学校に登校せず、卒業式にも参加しないまま県内一と言われる高校へと進学。進学と母親・愛子(夏川結衣)との不仲をきっかけに、晶は、愛子の部下である上布(マキタスポーツ)の実家に住むことに。聖との恋愛以降、女子大生と付き合うなどプレイボーイぶりを発揮し、以前の可愛らしい中学生の頃の晶とは異なる、大人びた雰囲気を身につけていた。

 勝太郎は、東京本社に戻り、聖と別れて以来仕事に精を出しており、上司・律(吉田羊)も本社に部長として赴任。それぞれがそれぞれの新たな場所へと歩みだしている。今回終盤では、合わせて3つのカップルが誕生した。聖は、職場の同僚・野上(渡辺大)。晶は、中学時代から晶に告白していた元同級生・るな(小野莉奈)。そして勝太郎も、過去に勝太郎に告白した律と抱き合う。だが、野上以外のみんなが、過去の出来事を忘れられてはいない。

      

「有村架純、岡田健史に新たな恋人? 『中学聖日記』過去を忘れるための恋を描く」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版