>  >  > 『黄昏流星群』中山美穂と藤井流星が心を通わせる

中山美穂と藤井流星がついに心を通わせる 『黄昏流星群』瀧沢家は全員が“共犯者”に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 センセーショナルなシーンでラストを飾った『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(フジテレビ系)第8話。真璃子(中山美穂)と春輝(藤井流星)は激しいキスをして心を通わせる。一方、栞(黒木瞳)と完治(佐々木蔵之介)は想いを伝え合うが、また縁が切れてしまった。

 美咲(石川恋)の駆け落ちを受け入れた瀧沢家は加速度的に崩壊の一途をたどる。激しい喧嘩こそしないが、各々の抱えた苦しみはヒートアップし、恋い焦がれる想いは止まることを知らなかった。故に、完治と真璃子はあっという間にバラバラになってしまう。

 第8話では、初めてそれぞれの素直な想いが吐露された。完治は、家族を裏切りたくないという思いと裏腹に、栞への気持ちを断ち切れないことを栞本人に告白した。さらに真璃子は春輝とのキスで腕を回し、気持ちに応えるような態度を示した。感情が素直に表現されているのは完治や真璃子だけではない。美咲と駆け落ちした大学教授の戸浪(高田純次)の奥さんや、真璃子の同級生である水原聡美(八木亜希子)もまた心の奥底にある本心をはっきりと声にする。

 これまでは言葉を飲み込んだり、腹の中を明かさないような展開が続いただけに、この暴露大会はあまりに刺激が強かった。真璃子にとって憧れと焦りを募らせる対象であった聡美は、毒のあるような言い方で真璃子を「羨ましい」と言う。本人はそんなつもりはないかもしれないが、皮肉のようにも聞こえた。聡美には真璃子の気持ちが全く理解できないのだと思う。ましてや、子どもを持つことがない将来を悲観しているようにさえ見えた。

 真璃子は、本当は羨ましがられる側の人間であったことが暗に描かれる。さらに戸浪の配偶者は、瀧沢家にわざわざ出向き、離婚する気はないときっぱり言い放つ。この言葉の真意を受け止め、真璃子演じる中山は芝居でその複雑な表情を見事に表現していた。同じ「嫁」として、配偶者としてのプライドを突きつけられた瞬間の真璃子は、美咲が相手の家庭にしてしまった罪への責任で、恥ずかしさや申し訳なさでいっぱいだっただろう。しかし、一方の完治は、美咲のことで頭がいっぱいだったように見受けられた。

      

「中山美穂と藤井流星がついに心を通わせる 『黄昏流星群』瀧沢家は全員が“共犯者”に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版