>  >  > 吉沢亮、MCとしての意外な才能を発揮!?

吉沢亮、MCとしての意外な才能を発揮!? 『あのコの、トリコ。』杉野遥亮を褒めちぎる

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月5日、東京・TOHOシネマズ新宿で『あのコの、トリコ。』初日舞台挨拶が行われ、吉沢亮、新木優子、杉野遥亮がファンの前に初集結。監督を務めた宮脇亮も登壇した。

 原作は、電子ダウンロードを含め累計発行部数100万部を突破した白石ユキの同名漫画。地味で冴えないメガネ男子・頼(吉沢)が、幼い頃から大好きだった雫(新木)と再会。女優を目指す雫のために、時にはカラダを張ってカッコイイ男へと変貌を遂げていく。ところが人気俳優として活躍するもう1人の幼なじみ・昴(杉野)も、この恋に参戦。互いの夢が複雑に絡み合う、3人の恋の行方を描き出す。

吉沢亮

 絶叫に近い歓声を浴びながら、客席後方から登壇した吉沢、新木、杉野の3人。実は、本作は撮影から1年4カ月ほどが経っており、吉沢は「撮影が終わって1年後くらいに遥亮とご飯に行ったら、遥亮が僕に対して人見知りして。めっちゃ敬語で話しかけてきて、こんなに月日が経っちゃったんだなぁと寂しさを感じつつ、ついにこの日が迎えられたというのはうれしいですね」と冗談交じりに挨拶。これを受けて、杉野は「この前取材で会ったこともあって、ちょっと距離感を掴みました」と話し、その独特の表現に会場中から笑いが起こった。

杉野遥亮
宮脇亮

 一方、現場での雰囲気について聞かれた宮脇監督は「昔すぎてあんまり覚えてなくて…」と正直にコメント。その後も言葉が続かない監督に対して、MCが「本当に覚えていないんですね?」と詰め寄ると「緊張してるんですよ」と、キャスト陣がすかさずフォロー。監督は「そういうこと言わなくて良いのに」と笑顔を見せ、撮影時は雨に悩まされたと述懐した。ところが、3人の関係性について聞かれると「そうですね……」と再びだんまり。最終的には「良い感じだったと思います」とざっくりまとめ、キャストたちは大笑いだった。

      

「吉沢亮、MCとしての意外な才能を発揮!? 『あのコの、トリコ。』杉野遥亮を褒めちぎる」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版