この先いつまで腐り続けるんだ? 『ハゲタカ』最終回、綾野剛が遺した“今の日本へのメッセージ”

この先いつまで腐り続けるんだ? 『ハゲタカ』最終回、綾野剛が遺した“今の日本へのメッセージ”

 木曜ドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系)が、第8話にて最終回を迎えた。

 2018年、平成最後の夏が舞台のドラマオリジナルストーリーで描かれた最終章は、アジア重工連会議の開催場所であり、貴子(沢尻エリカ)が社長を務める日光みやびホテルが舞台となる。鷲津(綾野剛)による逆転劇が大きな見どころの『ハゲタカ』。最終回においては、残り30分からの怒涛の逆転劇にてフィナーレを飾った。

 最終回でのハイライトとなったのは、やはりアジア重工連会議での「鷲津VS 真壁(伊武雅刀)」の構図だ。鷲津が帝都重工の社長、真壁が会長という立場。“ヒーローは遅れてやってくる”とは言ったものだが、鷲津はスクリーンに帝都重工の不正の証拠を映し出し、トレードマークのメガネを上げながら登場する。現場で働く者たちの声を殺した、ものづくり大国の現実。記者会見で、“30日以内の革命”を宣誓していた鷲津の革命とは、腐った大企業、そして日本を抜本から変えること。社員9万人を擁し、“ニッポン株式会社”の異名を持つ名門重工業メーカーを沈ませることとなれば、この国は傾く。声を荒げる真壁に、鷲津は「日本はこの先いつまで腐り続けるんだ? そんな世の中に、若者が希望を抱くことなどできるはずがない!」と攻め寄る。部屋にマスコミが押し寄せる中、鷲津は「真壁達臣!」と圧倒的な凄みで戦意喪失をさせ、「では!」とその場を去る。眉間にシワを寄せた鷲津の表情が、どこか哀愁を感じさせたのは、この逆転劇に様々な思いが積み重なっていたからだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる