東出昌大×唐田えりかが語る、濱口組『寝ても覚めても』で変化した演技への意識

東出昌大×唐田えりかが語る、濱口組『寝ても覚めても』で変化した演技への意識

唐田「“楽しいと思いたいからやりたい”という意識が強くなった」

ーー朝子、亮平&麦というキャラクターをそれぞれどう捉え、どう演技に昇華していこうと考えたのでしょう?

唐田:私は初めて脚本を読んだときから、朝子がものすごく自分自身だと思えたんです。朝子の行動に対して、一つも疑問を感じませんでした。自分が演じる役柄にこんなに感情移入ができたのは初めてだったので、ものすごく運命的なものを感じました。

ーーわりと自身と近い部分が多かったと。

唐田:そうですね。「朝子が自分自身だった」と言ったら言い過ぎかもしれませんが、そのままでいれましたし、ほとんど同じだった気がします。

東出:僕は亮平と麦という二役を演じるにあたって、最初は自分の中でああしようこうしよう、ビジュアル的にこういう差異を付けていこうという考えがあって、ワークショップの時に、その両方のお芝居をやったんです。そしたら、濱口監督が「東出さんという楽器からそれぞれの台詞が出てくれば、ちゃんとそれぞれのキャラクターに見えるから、仕草を変えようとか纏う空気を変えようと思ってお芝居をしないでください」とおっしゃっられて。それはすごく意外だったのですが、言葉を分解して意味を考えて、こういう役だろうと先入観を持って自分の中で作ったものをやると、やはり濱口監督の理想とする、相手に反応するだったり目の前のことを信じることだったりができず、“本当の台詞を喋れない”という大前提に立ち返ってしまうということだったのかなと。

ーー“演じること”をあまり意識しないというか。

東出:テストでもニュアンスを抜くんです。「本番で初めて感情を入れてください」と。しかも、ひとつのシーンでカメラポジションを変えるときでも、「動きを繋げようと思わなくていいです」と言うんです。編集点を考えたときに繋がらなかったら撮り直しになるので、それってある意味ものすごい博打だなと。それでも、濱口監督はたった1回のナチュラルに出るお芝居に賭ける。それがとても印象的でした。

唐田:私は周りの人から「濱口監督の演出は変わっている」と聞いていたのですが、自分自身まだ演技の経験自体が浅いので、“変わっている”というよりかは“特別”な感じがしました。

ーーオーディションで「あまり楽しくない」と答えた演技に対する考え方は変わりましたか?

唐田:そうですね……。まだ本当に楽しいと思えているわけではないのですが、すごく前向きになれました。それまでは本当に演技に対しての苦手意識が強かったし、やりたくないと思うこともあったんですけど、今は“楽しいと思いたいからやりたい”という意識が強くなりました。

ーー役者として得るものを大きかったと。

唐田:私は現場でずっと東出さんに甘えてばっかりだったので、本当に東出さんに支えていただいたなという気持ちが強いです。私はただ頼らせていただいて、そのまま進んでいったというか。東出さんには本当に助けてもらいました。

東出:いや、それはお互い様ですよ(笑)。でも、キャストみんな仲良かったというのもあるし、みんなで食事をしているときに、「これだけ共演者が仲良くなれるのっていうのは、濱口監督の作品に対する無垢な愛があるからだよね」という話になって。濱口監督自身がすごく純粋なので、共演者同士も競い合うことなく、みんな同じ方向を向いて進んでいけるんだなと思いました。唐田さんの魅力は“素直さ”だと思うんですけど、その先に一本芯の通った“頑固さ”があるんです。唐田さんが朝子役に決まったからこういう朝子になったんだし、朝子あっての『寝ても覚めても』なので、唐田さんの魅力がそのまま濱口組の『寝ても覚めても』の魅力になっていると思います。

唐田:そんなうれしいお言葉ありがとうございます。

東出:また違う役で他の現場でお会いして、全然違う人間性になっていたら怖いですけどね(笑)。そしたら「そんなに二面性あったの!?」と、「根っからの女優だね」ということになるかもしれません(笑)。

(取材・文・写真=宮川翔)

■公開情報
『寝ても覚めても』
テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほかにて公開中
出演:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)、仲本工事、田中美佐子
監督:濱口竜介
原作:『寝ても覚めても』柴崎友香(河出書房新社刊)
脚本:田中幸子、濱口竜介
音楽:tofubeats
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/COMME DES CINEMAS
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
2018/119 分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
(c)2018 映画『寝ても覚めても』製作委員会/COMME DES CINEMAS
公式サイト:www.netemosametemo.jp

▼東出昌大×唐田えりかチェキプレゼント▼

東出昌大×唐田えりかのサイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

【応募方法】
リアルサウンド映画部の公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンド映画部の公式TwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<応募締切>
9月9日(日)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる