『半分、青い。』鈴愛と律の関係性に再び変化 律の母・和子が2人に残したもの

『半分、青い。』鈴愛と律の関係性に再び変化 律の母・和子が2人に残したもの

 『半分、青い。』(NHK総合)第21週「生きたい!」では、病気療養をしていた律(佐藤健)の母・和子(原田知世)が息を引き取る。劇中で和子と最後に会話をするのは律。昔から語りたがりであった和子に、鈴愛(永野芽郁)はあえてセンキチカフェのマスコット・岐阜犬の声の仕事を任せた。

 律は、おつかいの帰り道に何気なく寄ったセンキチカフェで、岐阜犬を介して、今まで面と向かって言えなかった和子の子供で幸せだったこと、大好きだったことを伝える。「もう遅いよ。帰っておいで」という和子の優しい一言は、もうすぐ40歳という律でも、彼女にとってみればいくつになっても変わらず“子供”であると同時に、子離れできないのだということを感じさせる。岐阜犬のもとにブッチャー(矢本悠馬)の母・富子(広岡由里子)が、娘・麗子(山田真歩)と健人(小関裕太)の結婚話を相談しにくる場面で、和子は「親にできることは、子供を信じてあげることかと」と答えていた。気持ちを内に秘め、溜め込むところがある“生きるのが下手な”律は、商店街を全力疾走し、葛藤を垣間見せる。それは、和子の病のことだけではなく、より子(石橋静河)との夫婦関係も含めたものだ。あえてそっと見守ることが、和子と弥一(谷原章介)ができる親として信じてあげることだったのだろう。

 和子と鈴愛はまるで親戚同士のような特別な関係だった。鈴愛が律に用がある時、萩尾家の親機にかけ、和子の機嫌を伺っていたように、岐阜犬の声を和子に任せたように、「支えたい」という鈴愛の一心は、和子に十二分に届いていた。そのアンサーが、和子が大事に付けていた律との母子手帳と育児日記を鈴愛に預けること。より子でなく、弥一でもなく、律本人に渡すでもなく鈴愛を選んだのは、岐阜犬として自分を頼ってくれたのと同じように、“マグマ大使”として律を頼ってくれた信頼の証だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ