沢村一樹の内に潜む“魔物”が顔を出す 『絶対零度』井沢と桜木の繋がりが明らかに

沢村一樹の内に潜む“魔物”が顔を出す 『絶対零度』井沢と桜木の繋がりが明らかに

 ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)の謎の1つ、事件の裏で法で裁くことのできない犯罪者たちへの制裁を加えていた仕置人の正体が、ミハンチームの田村薫(平田満)であることが、前週の第6話では明らかになった。ドラマも折り返し地点を過ぎ、田村亡きミハンチームが、“ミハンを必ず実現する”という彼の思いを継いで、新たな一歩を踏み出していく、第2章スタートの第7話だ。

 東堂(伊藤淳史)の判断により、テストケースの報告書から田村の痕跡を削除し、ミハンには最初からいなかったこととして、チームは再び捜査を再開する。仕置人の犯人が明らかになったが、『絶対零度』にはまだ多くの謎が残っている。それが、“反社会的サイコパス”とも言われた井沢(沢村一樹)の中に眠る深い闇。東堂の上司への報告の中で、井沢は「罪をもみ消した元公安の魔物」と呼ばれる。妻子を殺された井沢は、犯人の宇佐美(奥野瑛太)に向け発砲。ミハンシステムに井沢が危険人物としてリストアップされていたことで、銃殺は食い止めることができた。

 東堂は、犯罪を強く憎む人間こそミハンの任務にふさわしいと信じ、田村とチームを立ち上げたが、仕置人という形で犯罪を犯していたことを悔いると同時に、次は井沢が同じ過ちを犯してしまうのではないかと疑いをかける。「私なら大丈夫ですよ。一線を越えたりしませんから」と、井沢はいつものひょうひょうとした笑みを浮かべるが、彼の元に届くのは宇佐美が出所するという報。井沢の内に潜む“魔物”が、彼の狂気的な表情によって浮かび上がる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる