『サバ婚』が描く、一生懸命に恋をすること 奈緒の“あっぱれ”な努力を考える

『サバ婚』が描く、一生懸命に恋をすること 奈緒の“あっぱれ”な努力を考える

 黒木さやか(波瑠)と栗原美里(奈緒)は、物語を通じて正反対のキャラクターをもつ者同士として描かれてきた。祐一(吉沢亮)を巡って、さやかと火花を散らす美里は、どう考えてもさやかとしては素直に受け入れることが難しい存在のように思われてきた。ただ第5話では幾分か、そんな美里に対してさやかが理解を示したのだ。一見、真逆の女性同士でありながら、2人が抱えているものは案外似たようなものなのかもしれない。そこで、今までの2人の“バチバチ”を振り返りつつ、『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)から垣間見える、女性の生き方を見ていく。

 男ウケする服を着るようにしろとか、男性が喜ぶようなスタイルを保つようにしろ(伊勢谷友介演じる宇佐美曰く、痩せていればいいというわけではないのだとか)といったようなことを宇佐美から命令されると、初めは抵抗感を示すさやかであった。そうしたことをすること自体、あまり気が進まないということもあるのかもしれないが、まるで恋愛のために、男性に合わせていくことに違和感を抱いている場面があった。

 反面、美里の方は、さやかが度肝を抜くほどに、アグレッシブに振る舞っていく。さやかや祐一を交えた合同の打ち合わせであろうと、可愛さを打ち出したファッションを身にまとい、祐一や上司に話しかけるときには、媚を売るかのようなトーンで甘えた声を出す。祐一と食事をしたときにはボディタッチだけにとどまらず、臆面もなく祐一に恋人の有無を尋ねたり、合コンさながらのトークをふっかけたりと、さやかが言うようにまさしく“策士”なのである。

 ただ、第5話では、関係する会社の不手際が原因で徹夜に追い込まれている祐一のために、手作りのサンドイッチを作ってきた(ご丁寧にウェットティッシュの箱まで用意した)美里に対しては、さやかは「敵ながらあっぱれ」と心の中で思ってしまう。さらに、さやかはそんな美里の様子を見ながら、「この子はこの子で、一生懸命なんだよな……。私とタイプが違っても、闘い方が違っても、一生懸命、恋してる」としみじみ考える。恐らく、さやか自身は美里のようなアプローチの仕方はできないということが何となく分かっているのだろう。ただ、 “一生懸命に”“恋をする”という一見矛盾しているように感じるこの言葉は、さやかたちが物語の中で抱えているものを言い表しているようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる