山下智久、新垣結衣らが“10年分の感謝”伝える 『劇場版コード・ブルー』初日にキャスト集結

山下智久、新垣結衣らが“10年分の感謝”伝える 『劇場版コード・ブルー』初日にキャスト集結

 『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が7月27日に公開初日を迎え、舞台挨拶に主演の山下智久をはじめ、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、有岡大貴、成田凌、新木優子、馬場ふみか、安藤政信、西浦正記監督が集結した。

 同作は、2008年に放送がスタートした人気医療ドラマシリーズ初の劇場版。3rdシーズンの3カ月後を舞台に、航空機緊急着陸事故と巨大フェリー衝突事故という未曾有の事態に立ち向かう。

山下智久

 山下を先頭にキャスト陣が登場すると、割れんばかりの拍手と歓声が湧き上がる。冒頭、山下が「10年間というシーズンを通して、今日こういう完成の日を迎えられて、本当にうれしく思っています」と挨拶すると、キャスト陣は感無量な面持ちで頭を下げた。また比嘉は「みんなで、なかなか(初日の)実感が沸かないねと話していたんですけど、これから私たちのもとを飛び立って作品がみなさんのもとに届くかと思うと、うれしくもあり、切なくもあります」と初日を迎えた心境を吐露した。

 先週末に行われた、全国4都市を回る「真夏の日本縦断ツアー」でのエピソードについて聞かれた山下は「上映があるわけでもなく、みなさん純粋に僕ら5人(山下・新垣・戸田・比嘉・浅利)に会いに来てくださって。暖かい気持ちになりましたし、改めて『コード・ブルー』に携わることができてよかったなと思いました」と語り、ハードスケジュールについても「楽しかったです。ずっと5人で過ごしていたので、旅行気分でいい時間が過ごせました」と笑顔を見せた。

浅利陽介

 かたや浅利は飛行機での移動が印象に残っているといい、「地上に着いて2時間したら、また空中。そして地上で2時間したら、また空中……」と話すと、比嘉が「3400キロ移動したらしいよ。新聞情報だけど(笑)」と劇中と変わらぬ息の合った掛け合いを見せ、司会の佐野瑞樹アナから「結構マイル貯まったんじゃないですか?」と聞かれると、2人は声をそろえて「貯まりましたね。ありがとうございます」と満面の笑み。また新垣は「今回のイベントはお客さんとの対話という感じだったので新鮮だった」と話し、名古屋では「みんなでおいしいご飯を食べながら語らう時間があった」とも明かした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる