>  >  > 東出昌大、『リーガルハイ』へのアンサー!?

東出昌大「ガッキーだったらな」 『コンフィデンスマンJP』と『リーガルハイ』コラボが実現

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月21日に放送された『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)第7話、「家族編」。ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)たち信用詐欺師の3人が、経済ヤクザ・与論要造(竜雷太)を騙すために闘いを挑むなか、ボクちゃんの口から名言が飛び出したことで、ネット上は騒然となった。

 リチャードの知り合いの女性・矢島理花(佐津川愛美)は、刑務所に服役することになった。それを聞いたダー子とボクちゃんは、理花が出所するまで家財道具を預かることにするのだが、そこでダー子はとある手紙を発見する。それは鎌倉に住む資産家である与論が、10億円の資産を子供の中の誰かに譲ると記したものであった。しかし理花は与論が愛人に産ませた子供で、辛い幼少期を過ごしたことから、その遺産には興味がない。こうしてダー子は遺産を得るべく、真面目なボクちゃんをも巻き込んで与論をターゲットとする。

 そんな今回は、いつにも増してゲスト俳優が超豪華だ。『西郷どん』(NHK)で調所広郷役を好演中の大ベテランの竜に、『ラブリラン』(読売テレビ・日本テレビ系)のレギュラー出演で魅せる佐津川、そして、ゲスト出演すれば何かしらやらかす岡田義徳、話題の映画『娼年』で大胆さと繊細さを巧みに演じ上げた桜井ユキ、さらには、中尾明慶に前田敦子までも登場。このメンツだけでも作品が1本作れそうなものである。当然ながら演者陣によるかけ合いは絶妙で、見応え十分な約60分間であった。

 しかし豪華なのはキャストだけではない。今回の“騙し合い”の脚本の妙には何度も唸らされた。ダー子は、与論一家と疎遠になっていた理花に扮し潜入に成功する。だが、長男・祐弥(岡田)と長女・弥栄(桜井)は疑いの目を止めることはない。2人はなんとかして、ダー子扮する理花が偽物であることを暴こうとDNA鑑定まで試みる。しかし、その実この祐弥&弥栄もまた偽物だった。

 彼らの正体は、お年寄り狙いの詐欺師・巣鴨キンタ&ギンコ。ダー子もニセ兄妹も、両者とも相手が偽物だと気がつきつつ、いかにして与論に取り入ろうかと苦心する。「花嫁姿が見たい」と彼が言えば、渋面をつくるボクちゃんを強引に引張って挙式を敢行。あの『リーガルハイ』シリーズ(フジテレビ系、2012-2014)の脚本家である古沢良太が本作の脚本も手がけているが、まさかのそのネタをブッ込むサービスも。与論の前で、「早く孫の顔を見せてあげましょうね」と口にするダー子を尻目に、なんとボクちゃんは「ガッキーだったらな」とつぶやく。これは、『リーガルハイ』にて、堺雅人演じる古美門研介が、新垣結衣演じる黛真知子を尻目に「長澤まさみだったらな」とつぶやいたものものへのアンサー(?)として、反響も大きかったようだ。

      

「東出昌大「ガッキーだったらな」 『コンフィデンスマンJP』と『リーガルハイ』コラボが実現」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版