渡辺謙、死してなお鈴木亮平を導く 『西郷どん』“最後の抱擁”に視聴者涙

 渡辺謙演じる島津斉彬の存在感が作品を牽引し続けてきたと言っても過言ではない、NHK大河ドラマ『西郷どん』。4月29日の放送の第16回「斉彬の遺言」では、斉彬の死を乗り越えようとする西郷吉之助役・鈴木亮平の熱演、そして渡辺の斉彬としての“最後の抱擁”が、視聴者の涙を誘った。

 列強からの危機に意識を向けず、幕府を意のままに操る大老・井伊直弼(佐野史郎)に対抗するため活動を続けてきた斉彬だが、志半ばで病に倒れしまう。斉彬の死を知った吉之助は、橋本左内(風間俊介)と月照(尾上菊之助)とともになんとか斉彬の志を引き継ごうとする。

 だが、吉之助たちの試みはことごとく井伊直弼に阻まれてしまう。幕府を改革するため、共闘してきた一橋慶喜(松田翔太)も、幕府に反逆を行った者として蟄居をさせられることに。井伊直弼が、自身に歯向かうもの、歯向かう可能性がある者たちを過酷に取り締まった「安政の大獄」の始まりだ。

 異なる出自でありながら、国を変えるために手を取り合い、友情を超えた絆で結ばれつつあった吉之助と慶喜。ヒー様ではなく一橋慶喜として生きることを選び、奮闘してきた慶喜が自分の弱さと無力さを知り、吉之助にも「もう諦めた。二度と会うことはない」と告げる。松田翔太の儚い後ろ姿が、慶喜の切なさと無念さを見事に表していた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる